bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

落語を聴きに行ったお話

2019/08/27 08:24:34 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:0件

久しぶりに落語を聴いてきました繁昌亭の昼席は満席で、今回は初めて聴く人もいて面白く大笑いしました月亭遊真さん「犬の目」   桂小鯛さん「道具屋」  桂米左さん「酔っ払いの噺」ナオユキさんは漫談で・・ささやく様な小さな声で、世相を風靡したとても面白い漫談でした中入り後は林家笑丸さんは「紙くず屋」の噺でしたが、カッポレも踊りました動きが多く、新しい境地を開いてるなぁ~と感じましたぽんぽ娘さんは太った女...続きを読む
スポンサーサイト



歌舞伎を観に行ったお話

2019/07/04 09:08:13 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

夏の楽しみ7月大歌舞伎を観に行って来ました関西で歌舞伎が観られるのは・・年末の南座の顔見世、2月、7月の松竹座だけ東京は毎月 何かしら上演されていますが・・長い間 関西で歌舞伎が上演されない時代がありましたが、先人の努力で復活し、今日に至っています梅雨空でしたが、何とか降らずに大阪は難波の松竹座へ昼の部を観て来ました①  色気噺お伊勢帰り間の抜けた左官の喜六と二枚目大工の清八大阪への帰り道、精進落...続きを読む

落語を聴きに行ったお話

2019/04/25 19:20:29 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:0件

落語を聴きに繁昌亭へ行って来ました天満の天神さんの境内にあります今日の午後の部の出演者です「動物園」「時うどん」など前座物もありましたが・・最後の桂米団冶さんはとても華があり、お上手になられましたお正月に米朝一門会へ行った時は、ざこばさんを聴きましたが、米団冶さんを聴かなかったので嬉しかった「おけいこ屋」を演じられましたが、まくらのお話も面白かったです米団冶さんはクラシックにも通じ、踊りもなさるの...続きを読む

文楽を観に行ったお話

2019/04/10 08:47:18 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:0件

文楽を観に行って来ました 夜の部演目は・・【祇園祭礼信仰記】 【近頃河原の達引】【祇園祭礼信仰記】は・・金閣寺に立て籠もる松永大膳が絵師・雪舟の孫娘の雪姫を捕らえ、自分の意に従う様に迫っているそこに現れた此下東吉(後の豊臣秀吉)捉われの身の慶寿院を救い出し、雪姫とその夫・直信も助ける春真っ盛り舞台は桜の花で飾られ、金閣寺がせり上がったり、下がったりする大掛かりな舞台装置にも感嘆しました雪姫は・・八...続きを読む

文楽を観に行ったお話

2019/01/04 09:56:24 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

新春文楽公演を観に行って来ましたおせち料理を詰めたお弁当を持ってお正月だからお酒の小さな瓶も持って行き、幕間にチョット一杯飲んでご機嫌な文楽鑑賞でした正面入り口には立派な門松が一対「にらみ鯛」ですロビーですお着物姿も多く見られお正月らしい雰囲気でした午後の部の演目冥途の飛脚① 淡路町の段  ②封印切の段  ③道行合かご近松門左衛門の名作で、歌舞伎でも何回も観た演目です実際に江戸時代...続きを読む

落語を聴きに行ったお話

2019/01/02 19:59:57 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

お正月早々に落語を聴いて来ました毎年サンケイホールブリーゼで「米朝一門会」があります娘は桂米朝さん(亡くなられましたが・・)が好き過ぎて後援会に入っていますホールでは賑々しく三味線、太鼓、笛のお囃子が流れてお正月らしい雰囲気で最高でしたお祝いのお花も・・オープニングには・・桂 米團治さん(米朝さんの長男で米朝事務所の社長でもあります)ざこばさん 南光さん 文之助さん 吉弥さん、ひろばさん 優々さん...続きを読む

顔見世を観に行ったお話

2018/11/24 09:02:53 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

新装なった京都・南座へ顔見世を観に行った来ました娘の阪大時代のお友達にお世話になり、いいお席で楽しめました「まねき」が上がって師走に近い京都の街は華やかです演目です南座発祥400年 南座新開場記念公演は・・高麗屋さん 親子3代の襲名です幸四郎さんは・・2代目 松本 白鸚に松本染五郎さんは・・10代目 松本幸四郎に松本金太郎君(13歳)は・・8代目 松本染五郎に一幕目は・・寿曽我対面(ことぶきそがの...続きを読む

文楽を観に行ったお話

2018/11/18 08:46:46 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

娘に誘われて文楽を観に行って来ました昨年は一度も行けなかったので久しぶりの文楽でした日帰りの東京勤務から最終便で帰った娘文楽の太夫さんの後援会に入っているので・・終演後は太夫さんを労う飲み会がある後援会は所謂「たにまち」の様な存在でしょうか大学(阪大)の教授の勧めらしいですが・・随分と費用の掛かる趣味です(笑)午後の部演目は・・「ひばり山姫捨松」中将姫が継母に虐め抜かれるお話初めての演目でしたが、...続きを読む

落語を聴きに行ったお話

2018/09/27 07:07:20 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

大坂は天満の天神さんにある繁昌亭へ落語を聴きに行って来ました朝は晴れていたのに午後から大雨ビニール傘を買って帰る破目になってしまった最近は天候不順ですね昨日は2階席に沢山の高校生が鑑賞に来ていたそうです若い人にも落語の面白さが伝わるといいですね上方落語協会は260名の噺家さんがいるそうです昨日の演者は↓通りです最近人気の講談が無かったのは残念でしたが大森くみこさんという若いお嬢さんの弁士が出て来て...続きを読む

歌舞伎を観に行ったお話

2018/07/21 06:34:55 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

暑い暑い真夏の7月大阪の松竹座では毎年「七月大歌舞伎」があります東京の歌舞伎座では毎月何かしら上演されていますが・・関西では7月と2月、年末の顔見世が京都の南座であるだけ今回夜の部は松本白鴎、松本幸四郎の襲名披露でした↓幕は・・祝い幕です親子3代の襲名ですが・・新染五郎は学業のため大阪へは来ませんでしたこの新染五郎の美しい事、稀に見る見目麗しい坊ちゃんで・・将来の女形として、立役として、大いに期待...続きを読む