bonbonの日常と非日常
fc2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
小さなブログ村から始まってここに辿り着きブログ生活は20年を超えました。
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1063位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
146位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1063位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
146位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

松坂で「和田金」のすき焼き(3)

2024/05/16 09:14:45 | 旅のお話 | コメント:0件

忍者部屋の様な黒い部屋で朝早く目が覚めた忍者も出ず幽霊も出なかったが(笑)眠れたのやら眠れなかったのやらちょっと不思議な夜を過ごした朝は雨が降っているお風呂棟へ行こうかと思ったが面倒なので止めたチェックアウトは10:15なので時間はたっぷりある着替えてお土産物屋の棟へ行くシャトルバスを呼んで雨の中広い敷地をグルグル周るお天気ならいいのになぁ~と残念また大きなVIPバスで12人松坂へ向かう途中資料館へ...続きを読む
スポンサーサイト



熊野俱楽部のお部屋と夕食(2)

2024/05/15 09:05:01 | 旅のお話 | コメント:0件

熊野倶楽部へ到着したら雨が本降りになったとても広い敷地の中にコテッジが点々と建っているその一つ一つにお玄関があり小さな一軒家そこが露天風呂付きのスイートルームです外装は全て黒お部屋の中も壁やドアが全て黒お部屋は広い左奥が寝室ツインのベッドルームですベッドルームの壁も扉も全て黒広いベッドルームで真っ暗にして寝たら忍者屋敷の様で怖かった(笑)テラスもあってそこに小さなお風呂がありました想像していたのと...続きを読む

熊野倶楽部へ行ったお話(1)

2024/05/14 08:33:57 | 旅のお話 | コメント:0件

オールインクルーシブル世界遺産リゾートという里創人・熊野倶楽部へ行ってみたかった念願かなって行って来ましたVIPバスです日本交通の大型の観光バスですが14人乗りとてもゆったりしていてフットレストやサイドテーブルもありますメンバー12人でみんなが一人旅曇り空の中を新大阪から出発しました阪奈自動車道から和歌山へ向かいます白浜の「KEYテラスホテル」でクエ(九絵という字らしい)のランチ高級魚と言われるクエお刺...続きを読む

金丸座で金毘羅歌舞伎を観たお話

2024/04/21 09:19:23 | 旅のお話 | コメント:0件

火災訓練と地震で大騒ぎの夜が明けて快晴の瀬戸内の朝だけどやっぱり黄砂で澄んだ真っ青の海が見えないそれをとても残念に思った美味しかった朝食です鯛茶漬けです5年ぶりに開催された金毘羅歌舞伎チケットが取り難いがエクシブの宿泊とセットになってA席が確保されていたその日の宿泊客27名と一緒に迎えのバスで金毘羅さんへ楽しいバスガイドの話に大笑いして1時間半を退屈することなく過ごせた前に金毘羅歌舞伎を観たのはい...続きを読む

エクシブ鳴門の一日目は2度の驚き

2024/04/20 08:56:06 | 旅のお話 | コメント:0件

グランドエクシブ鳴門は瀬戸内の海に面して広大な敷地にゴルフ場もあるリゾートホテル桜の季節は終わっていたが小さなお山全体がお庭になっている初夏の花々や木々は手入れが行き届き思わず深呼吸するほどの気持ち良さロビーは落ち着いていて何処となくヨーロピアンゆっくりコーヒーを飲んでホッと寛ぐ建物もヨーロッパのリゾートホテルの様で素敵晴れているが海の向こうの小豆島は見えない黄砂で霞んでいました友人の白いベンツで...続きを読む

金丸座で歌舞伎見物

2024/04/19 07:52:55 | 旅のお話 | コメント:0件

瀬戸内の朝快晴だが黄砂でぼんやり霞んでいる小豆島も見えない宿泊先のエクシブ鳴門から金毘羅さんまで1時間半かかる11時に阿波交通のバスが迎えに来て27人で金丸座へ金丸座の近くでおうどんを食べたうぅ~ん美味しい金丸座です今日は11時にチェックアウトしてまた友人のベンツで帰途に着きますまた明日から旅のお話を書きますお楽しみに...続きを読む

地震があった

2024/04/18 09:50:13 | 旅のお話 | コメント:0件

金毘羅歌舞伎を観るためにエクシブ鳴門に宿泊している昨夜は友人とベッドでお喋りしていたら何だか揺れた4階だからかなり揺れた震度7を経験したから地震には過敏になっている直ぐにTVをつけたら愛媛県が震度7すぐ近くだ友人のお孫ちゃんが愛媛大学の医学部にいるお嬢さんにもラインしたら無事らしい今日は金毘羅歌舞伎を観て明日帰りますまたゆっくり歌舞伎のお話を書きますエクシブ鳴門の正面玄関ゴルフ場もあり広く手入れの行き...続きを読む

台湾での最後の夜⑤

2024/01/08 09:21:16 | 旅のお話 | コメント:0件

陶器の街から帰り娘夫婦と3人でシェラトンで夕食をした宿泊先から車で数分の所にあり大きなホテルです台湾ではクリスマスの装飾が旧正月まで続くそうで何処もクリスマス・ツリーが飾られたままチョット違和感もありますが・・シェラトンのロビーです地下にあるレストラン「辰園」予約していましたが満席でしたボーイ長の様な女性が担当だった娘が英語を話せますか?と聞きOKだったので注文がスムーズにロゼ・ワインのボトルをオー...続きを読む

3日目は陶器の街へ④

2024/01/07 08:53:42 | 旅のお話 | コメント:0件

台湾での3日目大晦日になった朝ご飯は違う店へ豆獎を食べに行く前の日に結構歩いたのでホテルでタクシーを呼んで貰って向かった先もやっぱり行列だったが辛抱強く待った午後から列車に乗って鶯歌という街へ中山から30分古くから陶器の街として知られた所らしいこの駅舎の壁も陶器で出来ています古い街並みを見ながら坂を上って行く車両は通行禁止坂の上はテーマパークの様に楽しい大晦日で家族連れも多く両側の陶器の店を覗きな...続きを読む

台湾2日目の夕ご飯③

2024/01/06 09:09:51 | 旅のお話 | コメント:0件

列車に乗って温泉(実は銭湯)に行きホテルに帰って着替えてタクシーで「竹家荘避塘漁家料理」というレストランへ行く水槽もあり魚介類を食べさせるレストランの様だ奥さまが教頭先生のご夫婦が予約して下さっていたワイン仲間と7人で卓を囲む上等のシャンパンを持ち込んで下さっていた写真を写さなかったのが悔やまれるが・・台湾は酒類の持ち込みが出来る少々の持ち込み料を払うだけでいいらしい上等のシャンパンはアッと言う間...続きを読む