bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
157位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
157位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

誕生日だけれど・・

2019/01/22 08:31:25 | 日々の暮らし | コメント:8件

数え歳で傘寿(さんじゅ)になりました自分ながらよくぞここまで・・と感無量父は80歳で、母は73歳で平成2年の1月と5月に亡くなりました2人を看護、看病して亡くした後の虚脱感とホッとした気持ちが忘れられません今夜はお婿ちゃんが芦屋で美味しいお寿司をご馳走してくれます娘と誕生日が一緒2人から傘寿のお祝いがあるそうなので楽しみです私は・・3年前から誕生日毎に私が持っている指輪、ネックレスなどをプレゼント...続きを読む

胡蝶蘭を頂いた

2019/01/21 08:29:02 | 日々の暮らし | コメント:0件

亡き夫の友人から胡蝶蘭を頂き仏前に供えました一昨年退院のお祝いに頂いた胡蝶蘭は・・再びの緊急入院のあと、一夜にして花が萎んでしまいました誰も居なくなって室温が急激に下がったのが原因かな今度は上手に育てたいです日中は暖かいお居間ですが夜は温度が下がるのが良くないのでしょうか粉雪がチラチラと舞った昨年のあの日23日が近付いて来ました...続きを読む

無事に一周忌を終えて・・

2019/01/20 08:46:15 | 日々の暮らし | コメント:4件

一周忌の法要を終えました長いお経を唱えて頂いたそして これからも沢山のお念仏を唱えて供養する事が大切だと教えて頂いた三周忌を目指して精進したいと思います精進落としは・・芦屋の「takasaki(タカサキ)」で高崎さんは元公邸料理人で、落ち着いた店内にはアラン・ドロンと一緒の写真があります豊富なワインと日本酒毎日長崎、島根漁港から届くお魚などお料理も器も楽しんで来ました先ずはビールで献杯お通しの「揚げ出し豆...続きを読む

準備が出来た

2019/01/19 10:56:04 | 日々の暮らし | コメント:0件

朝から一周忌の準備をして遠方からの親戚を待っている夫の友人達から、明日お花が届くとメールがあり、間に合わないのが残念沢山の牡蠣フライを作り・・先ず夫にお供えお寺さんが午後1時のお参りなのでそれまでに皆で松茸ご飯と牡蠣フライでお昼を済ませ夜は芦屋の「タカサキ」で食事の予定「タカサキ」は元公邸料理人が芦屋の片隅で開いている予約の取り難い割烹料理屋さんです無事に法要を終えられます様に・・...続きを読む

本のお話(8) 群ようこ著「小美代姐さん愛縁奇縁」

2019/01/18 16:51:00 | 本のお話 | コメント:0件

群ようこ著  【小美代姐さん 愛縁奇縁】大正の終りの頃のお話です美代子は浅草の芸者でした幼馴染と結婚し、芸者をやめて家庭に入り、2人の子供にも恵まれます夫は外にも子供を作っていたと知るが、その夫は病気で亡くなった再び浅草で小美代と名乗り人気芸者に戻っているケチで怒りんぼうな旦那と長い間 関係を続けるが旦那は病気になって本妻の所へ帰った次の旦那は80歳の弁護士美代子60歳で、弁護士の妻が亡くなってか...続きを読む

やっと・・免許更新の日が来た

2019/01/18 08:11:44 | 日々の暮らし | コメント:4件

実地テストは難なく終り今日は神戸へ免許更新に行きます過去に今回ほどヤキモキしながらの更新は無かったがこれで3年間は運転出来る駅から5分の所に住みながら、車に乗る事も無いのでは・・と友人から云われるが運転するのが好き重い物を持ったら、肩が凝るので、車があると何かと便利高齢者の事故が多発している現状充分に気を付けながら3年間の運転生活をしたい明日は夫の1周忌の法要をします準備は全て整いました一昨年11...続きを読む

あの日から24年が過ぎました

2019/01/17 08:34:16 | 日々の暮らし | コメント:4件

震度7を経験しましたあの日の朝も今朝の様に冷たかったかゴキッ!という様な音だったのか、グラッ!と揺れたのか今になったら思い出せないのですが・・子供の頃に来た大型台風が一瞬頭を過ぎりました家の底から持ち上げられた様でしたやっと明るくなって外に出てみると、ご近所の家の瓦が落ち、全て傾いていました雨戸を担架代わりにして運ばれて行った、あの人も、この人も亡くなったと・・後に知りましたあの日から24年643...続きを読む

神戸で・・

2019/01/16 08:20:26 | 日々の暮らし | コメント:0件

毎週火曜日は神戸へ行く日阪急電車の特急でたった12分だけど、子供の頃に住んだ神戸が大好き車窓から六甲山を見るとホッとする昨日は・・あいにく小雨が降っていたが・・整形外科は住吉なので、山手幹線で20分を車で行くペイン・クリニックは三宮なので阪急電車で行く昨日は帰りに「モロゾフ」でお茶したうぅ~~んワッフルが美味しくなかったのでガッカリ写真ではカリカリに焼けている様に見えたが「セリザワ」で素敵な色のセ...続きを読む

本のお話(7) 群ようこ著「働く女」

2019/01/15 08:49:24 | 本のお話 | コメント:0件

群ようこ著【働く女】お正月に読もうと借りていた「群ようこ2冊」の内の1冊です10人の働く女の・・鬱憤(うっぷん)、不安、疑問、そしてチョットした喜びなどなど・・が書かれた短編集の様な本で一人の夜の退屈を紛らせて頂きました挿画は杉田比呂美さん↓は「そして私は番をする」の挿絵ですどの絵もとても素敵でした...続きを読む

本のお話(6) 小川洋子著「琥珀のまたたき」

2019/01/14 08:47:08 | 本のお話 | コメント:0件

小川洋子著【琥珀のまたたき】不思議な物語でした妹を肺炎で亡くした3人の姉弟は、ママと一緒にパパが残した古い別荘に移り住むママはその小さな妹は犬に噛まれて死んだと思っている姉弟は・・オパール、琥珀、瑪瑙(めのう)という新しい名前で呼ばれ閉ざされた家の中で暮らす事になるそこにはパパが残した売れ残りの図鑑が沢山あったパパは他に家があったが病気になり、ママと子供達はこの古い別荘に捨て置かれた売れ残りの図鑑...続きを読む