bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
157位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
157位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(43) 佐藤多佳子著「明るい夜に出かけて」

2019/06/21 08:30:22 | 本のお話 | コメント:0件

佐藤多佳子著【明るい夜に出かけて】佐藤多佳子さんは過去に・・童話大賞、本屋大賞、吉川英治文学新人賞などなど多数の賞を受賞した作家ですこの本の・・主人公は極端に人(特に女性)に触る、触られるのが苦手な20歳大学を一年休学してコンビニで働いている主に深夜勤務をしながら人との関わりを取り戻していく過程が描かれています小学生の時からコアなラジオリスナーで、その筋の人には伝説的な投稿をしていたある切っ掛けで...続きを読む

また割れた

2019/06/20 08:20:34 | 日々の暮らし | コメント:0件

先日は娘達にプレゼントされたバカラのグラスが割れた新しいのを買って、割れたグラスを花瓶にして使っている今度は・・お気に入りの津軽ビードロのグラスが割れた何気にお茶を入れたらぺキッと音がして二つに割れた95℃位のお茶だったが・・耐熱ではなかったのね(泣)同じのを買った↓右が割れたグラス瞬間接着剤で貼り付けたが水が漏るドライフラワーを入れてみた食卓で使えるかな??少しだけ気分が晴れた↓はバカラのグラス夏...続きを読む

舟木一夫のコンサートに行ったお話

2019/06/19 08:55:33 | 日々の暮らし | コメント:2件

舟木一夫さんのコンサートに行って来ました今回は・・宇治に住む青春時代を一緒に過ごした60年来の友人と一緒でした2000席のロームシアター京都は3階まで満席花束を持った人達もいて華やいだ雰囲気で開幕を待ちます舟木さんは白の夏大島と博多帯で「浜の若衆」を歌って登場でした雪駄履きだった様な?お着物がとても似合っていつもの様にお上品です一部は・・「火消し若衆」 出演した映画の主題歌「敦盛哀歌」「ああ!桜田...続きを読む

本のお話(42) 「あのひと」

2019/06/18 08:17:52 | 本のお話 | コメント:0件

新潮文庫編集部【あのひと】41人の作家や詩人などが書いた随想集です森茉莉が父親の事を石原慎太郎が裕次郎の事を澤地久枝が向田邦子の事を辻仁成が友人の事を松本清張が貧しくて高等小学校しか出ていないが、その時の先生の事を夏目漱石がケーベル先生の事をなどなど41人が忘れられない人、思い出すたびに胸が熱くなる人、遠くへ行ってしまった人・・の事を書いています珠玉の41編の小さな物語是非 読んで頂きたい1冊です...続きを読む

ビックリしたお話

2019/06/17 08:49:18 | 日々の暮らし | コメント:0件

昨日の日曜日娘から・・一緒にお昼ご飯を食べよう・・とラインが来たお婿ちゃんの右腕と両足に包帯が巻かれて薄っすらと血も滲んでいるどうしたの?13日(木)の夜7時45分頃家のすぐ近くの山手幹線の横断歩道を渡っていて、車に撥ねられたそうだ2車線の山手幹線の横断歩道は白い線が引かれて、結構な距離があるどんな時も横断歩道を渡る、慎重で落ち着いたお婿ちゃんが何故だ!もうすっかり暮れて暗くなっていて、車が止まる...続きを読む

そして・・こうなった!

2019/06/16 07:13:22 | 日々の暮らし | コメント:0件

夫が亡くなって白髪染めを止めてから1年5ヶ月になる真っ白になるまで2年かかると云われていたが、今はこんな感じです流行りのグレージュチョットいいかも♪(/・ω・)/ ♪写真は昨日の美容室で・・引き続き経過を報告しますね...続きを読む

本のお話(41) 玉岡かおる著「姫君の賦」

2019/06/15 08:35:07 | 本のお話 | コメント:0件

玉岡かおる著【姫君の賦】 千姫流流玉岡かおるさんの新刊です徳川家の姫・千姫が7歳で大阪城へ嫁に行き、70歳で生涯を終えるまでの物語です千姫の身代わりとして、生涯 千姫と共に生きた局の「ちょぼ」の語りで書かれています織田信長の妹・お市の方浅井長政との間に茶々、初、江の3人の姫がいるお市は絶世の美女だったそうで、その娘・初が千姫の母親である千姫もまつ毛が長く美しい女人だったそうだ7歳で豊臣家の嫡男・秀...続きを読む

コーヒー館のランチ

2019/06/14 08:19:29 | 日々の暮らし | コメント:2件

隔週に神戸のペイン・クリニックへ行くので三宮サンチカにある神戸珈琲物語でランチするロースト・ビーフ・サンドとマカロニ・グラタンコ―ヒーはポット・サービスで美味しいコーヒーが飲めますサンチカへ下りる階段の花も夏仕様になりました二週間に一度の楽しみな日肩凝りも徐々に改善の方向こちらは・・まだ梅雨ではないのかしら?今日も晴れています...続きを読む

映画「幸福なラザロ」

2019/06/13 08:18:44 | 映画 | コメント:0件

映画【幸福なラザロ】2018年イタリア製作原題は「Lazzaro felice」イタリア中部の小さな村そこは大洪水で外部との接触を断たれ、村人60人足らずが住んでいるタバコの葉を栽培し侯爵家へ上納しているが、現金収入は無く貧しいラザロは両親も無く祖母がいるが、誰の子供かも分からず、村人から使いまわされながら暮らしているそんな時侯爵家の息子・タンクレディが狂言誘拐を試みるラザロの山中の隠れ家に潜み、やがて警察が動...続きを読む

本のお話(40) 児玉小枝著「赤ちゃんネコのすくいかた」

2019/06/12 09:34:47 | 本のお話 | コメント:0件

筆者が実際に行って見て、写した、写真が掲載されています熊本市動物愛護センターでの見分の1冊ですミルクボランティアそれは生まれてすぐに捨てられた赤ちゃんネコにミルクをあげたり、オシッコ、ウンチを出させてあげたり離乳するまでのお世話をする人達です赤ちゃんネコはすぐに殺処分の対象になります全国に先駆けてネコの殺処分ゼロを実現させた熊本動物愛護センターそこで見た現実を写真付きで紹介していますネコがお好きな...続きを読む