bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1028位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
141位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1028位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
141位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

梅がほころび始めるが・・

2020/02/21 08:11:27 | 日々の暮らし | コメント:0件

梅がほころび始め、春がすぐそこに・・昨日はクルーズ船の乗客お2人が亡くなり、コロナウイルス感染が広がるばかりで、終息の気配がありません有効なワクチンが無いままに時間ばかりが過ぎ、TVなどで報道されているのを見ると不安が募りますね昨日 梅の花が散る事を「こぼれる」と知りました桜は・・散る椿は・・落ちる菊は・・舞う牡丹は・・くずれる萩は・・こぼれる朝顔は・・しぼむ花の終わりを美しい日本語で表現する事に...続きを読む
スポンサーサイト



映画「屋根裏の殺人鬼 フリック・ホンカ」

2020/02/20 08:25:38 | 映画 | コメント:0件

映画【屋根裏の殺人鬼 フリック・ホンカ】2019年  ドイツ、フランス合作原題は「Der Goldene Hand Schuh」1974年 ドイツの北にある港街・ハンブルクで実際に起こったお話です鼻が曲がり、歯もボロボロで、猫背の男・ホンカアパートの最上階の屋根裏部屋に住んでいる常に悪臭が漂う部屋の物入れには、死体が隠されている安酒場に出入りする女(娼婦だが太った老女が多い)を自分の部屋に連れ込んで殺す1974年頃のハ...続きを読む

街が静かに感じる

2020/02/19 08:16:03 | 日々の暮らし | コメント:0件

週に一度大阪・梅田へ行く阪急百貨店の辺りは人がいっぱいで、特に阪急の中は中国人が多かったがこの頃は・・何だかガラ~~ンとして空いているコロナウイルスの発生以来 中国人の旅行者がいないせいでしょうね↓は阪急百貨店のショーウィンドウ今日は神戸のペイン・クリニックへ行く日神戸には南京町があり、中国人が多く住んでいるが、街はどうなっているかしら寒の戻りで、久々に寒かったし、雪が降った所もあった毎日 増える...続きを読む

クルージンズ船の事

2020/02/18 08:44:07 | 日々の暮らし | コメント:0件

コロナウイルスの船内集団感染が広がる横浜港に停泊中のクルーズ船・ダイヤモンド・プリンセス私は2016年5月に 神戸港から釜山まで5泊6日のクルーズをした事がありました海側のバルコニー付きの部屋で、手前右側が洗面室、バス、トイレで冷蔵庫もあり左側にデスク(お茶の用意もある)ソファがありました後ろ姿で写っているのは、、亡き夫です私達の時も、3000人以上の乗船客がありディナーは2交代で、ほぼ24時間食...続きを読む

函館のお土産

2020/02/17 08:17:57 | 日々の暮らし | コメント:0件

一日中 雨が降った日曜日の夕方函館へ行って来たから・・と娘達がお土産の「いくら」と「マルセイバターサンド」を持ってきた今朝 炊き立てご飯に「いくら」をたっぷりとのせて海苔で巻いて食べた美味しかった函館は亡き夫が子供時代を過ごした町夫の父親が函館病院の勤務医だった時に、夫と弟妹5人は函館で生まれた夫は生涯 函館が好きで、好きで、恋しくて、恋しくて、函館への思いを持ち続けて亡くなった70歳で現役を退い...続きを読む

本のお話(10) 平野啓一郎著「ある男」

2020/02/16 08:56:36 | 本のお話 | コメント:0件

平野啓一郎著【ある男】昨年 映画「マチネの終わりに」を観た原作者が平野啓一郎だった彼は京都大学法学部の学生だった時に「日蝕」で芥川賞を受賞している当時は最年少の受賞者だったどんな作品か読んでみたが、難解な文体でイマイチよく分からないまま消化不良で終わっていたのでもう一度・・と挑戦したのが、この小説です作家が酒場でふと知り合った弁護士・・・という男から聞いた複雑怪奇な物語戸籍を交換し、過去を変えて生...続きを読む

コロナウイルスが広がるばかりなので・・

2020/02/15 08:21:48 | 日々の暮らし | コメント:0件

先週の金曜日NECのデスクトップのパソコンを予約した4月1日に納入予定になっているが、コロナウイルス騒動が終息しない限り、予定はあくまで予定昨日 買った量販店(エディオン)へ状況を聞きに行ったNEC側がそう言ってるので、店側としては、お客様にそう伝えるしかない・・と言う中国の工場に人がいないので生産が出来ない・・ということらしい在庫がある物に変更して欲しい・・と言うと、NECのノートパソコンが一種...続きを読む

「舟木一夫コンサート2020」に行ったお話

2020/02/14 08:56:05 | 日々の暮らし | コメント:0件

思いがけない程の暖かさの午後尼崎・アルカイック・ホールで舟木さんのコンサートがあり、行って来ました1820席を満席にして舟木さんは歌いました13:30開場、14:00開演でしたが・・開演の時間までに全員が入れるのかと案じる程の人の波開演のベルが鳴るまでに、何んとか着席出来たかな・・と思うほどの観客の数でした私は・・写真の位置の17列の5番  かなりいいお席でした一部は・・白いVネックのセーターで、...続きを読む

本のお話(9)小澤竹俊著「死ぬとき幸福な人に共通する7つのこと」

2020/02/13 08:28:01 | 本のお話 | コメント:0件

小澤竹俊著【死ぬとき幸福な人に共通する7つのこと】著者はお医者さんでホスピスを開院している私は・・こういう啓蒙本は好きでは無いのですが、新聞の新刊紹介欄で見て、長い間待ってやっと読みましたその7つとは・・① 人は何歳からでもやり直せる  だから自分で自分を否定しない② 老いて体が動かなくなったとしても、新しい一歩を踏み出す③ 不平不満があっても家族は家族 心からの愛情を示す④ 老後の喜びは他人がくれる...続きを読む

映画「ハスラーズ」

2020/02/12 08:20:53 | 映画 | コメント:0件

映画【ハスラーズ】2019年アメリカ製作原題は「Hustlers」実話に基づいて作られた映画です日本のストリップを知りませんが、アメリカならではの映画だなぁ~というのが感想ですニューヨークのストリップ劇場で働くストリッパー達の復讐劇を描いて爽快な物語でした売れっ子のラモーナは売れない東洋系のデスティニーとタックを組んで監視カメラの無い個室を利用するウォール街の裕福なクライアントからお金を巻き上げている20...続きを読む