本のお話(11) 恩田陸著「蜜蜂と遠雷」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(11) 恩田陸著「蜜蜂と遠雷」

2018/04/03 05:30:56 | 本のお話 | コメント:4件

恩田陸著
 
【蜜蜂と遠雷】
 

 
図書館に予約したのが昨年の2月
 
一年以上待ってやっと順番が来ました
 
単庫本だけど・・とにかく分厚くて、1ページが上下になっていて字が小さい
 
本を手に持った時
 
うわぁ~~こんなん読めるかしら
 
 
2017年の直木賞と本屋大賞の受賞作品です
 
読み出したら止まらない
 
寝ずに読んで・・たった今読了しました
 
感激の冷めない内に・・
 
 
日本のある地方で開かれている権威ある国際ピアノ・コンクール
 
そこに出場した4人に焦点を当てて書かれています
 
とにかくビックリするのは、その楽曲の一つ一つが詳しく語られている事
 
思わず「恩田陸」で検索し、この人は音楽家かしら
 
第1次予選から、2次、3次そして本選に残り
 
誰が優勝するのでしょう
 
その一人一人について、コンクールに臨む心理は勿論のこと
 
演奏する楽曲の背景や演奏者の技術的な説明が詳し過ぎる程に書かれています
 
難しいと云えば難しいのですが
 
不思議な事にスラスラと読めるのです
 
先が気になって眠っていられないのです
 
寸暇を惜しんで読みました
 
さすがに直木賞、本屋大賞という言葉で締めくくりたくないのですが
 
ま、それが率直な感想です
 
超お勧めの一作です
 
 
また
 
暫らく恩田陸さんを読んでみたいと思っています
 
恩田陸さんは宮城県出身の53歳の女性です
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2018/04/04(水) 17:11:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> tan*k*2020*1さん
こんにちは。。
恩田さん 初めて読みました。
今 JR「さくら夙川」まで送って行きました。2日間お喋りして楽しく過ごしましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">

No title

2018/04/03(火) 16:10:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんにちは。。
分厚いですか~予約してありますが、まだまだ、先です。。
楽しみに待ちます。
恩田さんの作品は、どれもすばらしいらしいです。。
お泊りのご友人と、尽きせぬおしゃべり・・楽しんでくださいね。

No title

2018/04/03(火) 11:15:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> きらりんさん
分厚い本ですが最後まで一気に読みました‼️
面白いですよ❗️
是非 お読みになって面白さを実感して下さいね🎵

No title

2018/04/03(火) 09:18:00 | URL | きらりん #79D/WHSg
寝ないで読むほど面白かったのですね🎵
恩田陸さん
一度読んでみたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する