本のお話(15) 恩田陸著「六番目の小夜子」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(15) 恩田陸著「六番目の小夜子」

2018/04/25 08:27:36 | 本のお話 | コメント:2件

恩田陸著
 
【六番目の小夜子】
 

 
この本は恩田陸さんのデビュー作品です
 
ファンタジーノーベル大賞にノミネートされ酷評の内に落選
 
文庫本として出版されるもすぐに廃版となる
 
・・という経過を辿った本です
 
 
正直言って読み終わっても良く分からいままです
 
ある高校では10数年間にわたり奇妙なゲームが受け継がれていた
 
3年に1度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれる
 
今年は「六番目のサヨコ」が誕生する年だった
 
転校生の津村沙世子
 
美しく謎めいたこの「サヨコ」との関わりが
 
全体の骨子です
 
高校3年生の生徒たちが仲良く日常生活を送る中で
 
この「サヨコ」と関わりながら成長していく姿が描かれている
 
・・と纏めるしかない
 
良く分からないまま読み終えました
 
 
やがて失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め
 
漆黒の恐怖で包みこんだ伝説のデビュー作
 
・・とオビに書かれていますが
 
この文章の様に分かり辛い小説だったと思いました
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2018/04/25(水) 16:03:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> きらりんさん
大抵の本は最後まで読みますが途中で投げ出すのもありますよ(笑)
本を読むのが好きです😄

No title

2018/04/25(水) 13:55:00 | URL | きらりん #79D/WHSg
沢山読んでいるとたまには外れもありますね。
まりあまりさんは読書家ですね🎵

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する