映画「君の名前で僕を呼んで」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「君の名前で僕を呼んで」

2018/04/29 09:30:01 | 映画 | コメント:2件

映画
 
【君の名前で僕を呼んで】
 

 
2017年製作
 
イタリア、フランス、ブラジル、アメリカの合作
 
原題は「Call Me by Your Name」
 
4ヶ国のの合作だから・・言語は何かな
 
 
北イタリアの避暑地
 
17歳のエリオは・・大学教授の父親と母親で夏を過ごしている
 
そこへ24歳の大学院生のオリヴァーがやって来た
 
彼はアメリカ人で父親の助手を務める男である
 
 
美しい風景の中
 
エリオとオリヴァーは自転車で街へお使いに行ったり
 
湖で泳いだり、森へ散策に出掛けて過ごす夏の日々
 
エリオは次第にオリヴァーに魅かれて行く
 
2人は自然に愛を確かめ合い、愛してしまった2人に夏の終りが近付く
 
 
アメリカへ帰るオリヴァーを送ってミラノまで
 
2人は最後の旅をする
 
列車に乗って行ってしまったオリヴァー
 
エリオは母親に・・迎えに来て欲しい・・と駅の公衆電話から連絡する
 
1983年の物語なので携帯はありません
 
父親も母親もエリオの気持ちを知っていますが何も言わない
 
 
冬が来て・・
 
真っ白に雪が積もったクリスマス・イヴ
 
オリヴァーから電話があった
 
春には2年越しに付き合っている彼女と結婚する・・と
 
君の事は忘れない
 
オリヴァーにとっても大切な宝物の様な日々だったのです
 
 
 
真っ赤に燃える暖炉の前で
 
泣くエリオ
 
音楽も無く、言葉も無く、その長い場面が続いて、終演となります
 
印象的なラストでした
 
 
少年、少女の一夏の恋を
 
両親は否定することなく静かに見守ります
 
エリオはピアノを弾いたり、作曲をしながら夏を過ごしていました
 
そのピアノが効果的に使われ
 
エリオの感情がピアノによって表わされる演出も良かったと思いました
 
何より
 
風景の美しさが印象に残る映画でした
 
 
言語は・・
 
オリヴァーとは英語で
 
家族やイタリア人の友人達、庭師、お手伝いの女性とはイタリア語で
 
何の違和感もなく2つの言語が入り混じっていました
 
久しぶりのイタリア語も聞けました
 
お勧めの映画です
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2018/04/29(日) 17:24:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> きらりんさん
公開初日に行きました。
久々に叙情的な映画が見られて良かったです‼

No title

2018/04/29(日) 15:41:00 | URL | きらりん #79D/WHSg
ネットで見ました。
映像の美しい映画なんですね❗
公開初日に見に行ったのですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する