本のお話(31) 宮部みゆき著「誰か」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(31) 宮部みゆき著「誰か」

2018/06/27 15:53:08 | 本のお話 | コメント:2件

宮部みゆき著

【誰か  Somebody】



杉村三郎シリーズの第一作目の小説です

主人公の杉村三郎は今多コンツェルン会長の娘婿であり

同グループ広報室編集者という立場にいる逆玉の男です

ある日義父である今多嘉親会長の個人運転手を務める梶田信夫が・・

自転車にはねられ死亡すると言う事件が起こります

会長に頼まれ

杉村は事件の真相を調べ、自転車ではねた犯人を追及する内に

梶田の過去を知る事になっていきます

梶田の2人の娘は・・姉と妹は歳が10歳も離れている

母親は既に亡くなっており

姉には過去に両親に纏わる辛い思い出があり、妹は希望の星として何も知らずに大人になった

杉村が調査をしていく上でとんでもない結末が待っていた

それは想定外の結末でした



杉村三郎シリーズの最終話を知っているので・・

彼の家庭内での会話も虚しく聞こえたのがねぇ~~何だかなぁ~~と思いました

それにしても

宮部みゆきさんのミステリーは面白い

これまで食わず嫌いで読まなかったのが不思議です

今は時間もたっぷりあって暇だから、大いに読書をして楽しめます


本を読む

空想の世界の広がりは何にも代えがたい楽しみですね


関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2018/06/27(水) 18:14:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
こんばんわ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/084.png">
早速 予約しました。
82番目です。こちらの図書館は利用者が多いので順番が来るのが遅いですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/050.png">

No title

2018/06/27(水) 18:04:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんばんは。。宮部みゆきさんの本が、進んでいますね。著作がたくさんあるので、好き嫌いもあるでしょうが、楽しめますね。
このシリーズは、面白いと思います。平四郎シリーズも、面白い。
他のファンタジー物は?です(笑)
同じ作家本が多くある場合とない場合があって、予約順番に時間がかかりますね。
↓蛍の章・・・です。文藝春秋社

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する