映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

2018/07/24 16:49:44 | 映画 | コメント:2件

映画

【ウィンチェスターハウス】
【アメリカで最も呪われた屋敷】




2018年オーストラリア アメリカ合作

原題は「Winchester」


余りにも暑いので涼しくなりそうなホラー映画を観て来ました

実話に基づいた映画です

カリフォルニアに今も実存する屋敷だそうですよ


時は1906年の事

ウィンチェスター銃で財を成した一族の夫は肺炎で死に

息子はアルコールに溺れて死んだ

未亡人のサラと嫁と息子・ヘンリーが住んでいる屋敷は500も部屋のある豪邸

未亡人サラはウィンチェスター銃で死んだ者の亡霊が見える

その者たちの住む部屋を増築する事だけに生涯を捧げている

サラの精神鑑定をする医師・エリックが派遣されて来る

孫・ヘンリーにも父親の霊が憑いていて行動に問題がある

精神科医・エリックも妻を不本意に亡くし霊が見える

この屋敷に滞在する中で・・

医師・ヘンリーは次第にサラを理解し、屋敷を去る時は彼女の精神状態に異常はない

・・と報告する


凄く怖いですよ

いきなり幽霊が出ます(笑)

1906年にサンフランシスコで起きた巨大地震の話もあります

サラは増築を続けながら1922年まで生きました


お買い物のついでに涼みがてら観た映画のお話です

すこ~~し

涼しくなりました(笑)

関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2018/07/25(水) 18:50:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> くろまめ日記さん
こんにちは。。
ちょっと怖い映画でしたが眠れました~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/042.png">
1906年のお話ですがその屋敷は現存しているそうです。
ウィンチェスター銃をご存知ですよね?
銃社会のアメリカならではのお話です。

No title

2018/07/25(水) 17:25:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんにちは。。
bonbonさんには、珍しくホラー映画ですね。
実在するお屋敷。増築・増築で500近い部屋!!
呪われたお屋敷なんですね。。
涼しくなるよりも・・眠れましたか?変な夢、見なかったですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する