今月の映画サロン・・・「ディープブルーナイト」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

今月の映画サロン・・・「ディープブルーナイト」

2008/01/29 09:47:45 | 韓国映画 ドラマ | コメント:0件

    1月最後の日曜日

    久しぶりに韓流映画サロンに行った

    寒い寒いこんな日に

    夕方から神戸に行くのは嫌だなぁ~~~

    でも

    約束したからには・・・行かねばならぬ(笑)

    毎年 

    余程 寒い日にしか着ないコートを着て

    フォックスの襟巻きをして出かけたワタクシ



    今回は

    1985年制作の【ディープ・ブルー・ナイト」

    監督    ぺ・チャンホ

    ぺク    アン・ソンギ

    ジェーン  チャン・ミヒ

    1985年の大鐘賞で最優秀男優、監督、作品、撮影、照明などを

    総なめにした映画らしい

    その年の客員動員数が50万人という大ヒット作

    全編アメリカ・ロケというこの映画

    英語 韓国語が飛び交って結構面白い





アメリカン・ドリームを夢見てメキシコからアメリカに密入国した韓国人の男ぺクは韓国に妊娠している恋人を残してきた。
グリーン・カード(永住権)を得るために偽装結婚をしなければならない。
そのための2万ドルを得るため金持ちの韓国女性を砂漠に連れ出し置き去りにしてお金を奪う。
一方 酒場のウェートレスのジェーンもまた韓国人。彼女は偽装結婚の相手となってお金を稼いでいた。
庭付きプール付きのかなり豪華な生活をしている・・・ってあり得ないので移民管理局から目を付けられているはず・・・だと思う。
もう10回も結婚離婚を繰り返し離婚した黒人との間には娘がいる。
ジェーンと偽装結婚したぺクは移民局の審査を通過し晴れてアメリカ市民となった。
ジェーンの家での係官の質問でジェーンの韓国名を聞かれたぺク。彼女の韓国名を知らなかったので大声でアメリカ国家を歌って誤魔化した。
約束の2万ドルを払って韓国の恋人を呼び寄せようとしたが・・・・・・・。
恋人からの便りで・・・彼女はぺクを待ちきれず子供も中絶して新しい彼氏と結婚していた。
それを先に知ったジェーンジェーンぺクを愛し始めていたしペクの子供を身ごもっている。
砂漠に捨てた韓国女が生き延びてぺクを探し当てる。ジェーンはその女に2万ドルを払いペクとサンフランシスコでの新しい生活を求めて旅立つが・・・・・。
ぺクは韓国の恋人の心変わりを知らない。利用したジェーンが邪魔になりジェーンを殺そうとするが・・・・・・。
銃声が響きペクジェーンに撃たれた。ジェーンもこめかみに銃を当てるが・・・・・。

     ・・・・・・・・・というお話です

     ジェーンになったチャン・ミヒがとっても綺麗

     アン・ソンギは若いが

     私は終始 アン・ソンギがチョン・ウソンだったら

     どんなにいいだろう・・・と思って観ていた

     この映画

     在米韓国人のアイデンティティの不在と

     彼らを駆り立てたアメリカ移民熱に深くメスを入れ

     都市生活者の精神的荒廃と愛の不毛というテーマを

     改めて引き出したといわれています



久々に

     映画好きのお仲間と観た韓国映画のお話でした
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する