文楽を観に行ったお話 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

文楽を観に行ったお話

2018/11/18 08:46:46 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:2件

娘に誘われて文楽を観に行って来ました

昨年は一度も行けなかったので久しぶりの文楽でした

日帰りの東京勤務から最終便で帰った娘

文楽の太夫さんの後援会に入っているので・・終演後は太夫さんを労う飲み会がある

後援会は所謂「たにまち」の様な存在でしょうか

大学(阪大)の教授の勧めらしいですが・・随分と費用の掛かる趣味です(笑)





午後の部

演目は・・

「ひばり山姫捨松」

中将姫が継母に虐め抜かれるお話

初めての演目でしたが、雪の舞う寒い戸外で竹棒で打ちのめされる酷い場面が見所という

・・悲しい場面が続きました

天井から紙吹雪が舞い下りて、雪が舞う場面になります

とても幻想的で美しいですよ


「女殺油地獄」

近松門左衛門の名作で歌舞伎で何度も観たお芝居です

油まみれになって、お吉を刺し続ける与平衛

油まみれになって、逃げるお吉

歌舞伎では仁左衛門さんの与平衛で何度も観ましたが

文楽では初めてでした

小さな人形の与平衛とお吉がのた打ち回る壮絶な場面は圧巻でした



前日は

お昼も夜も外ご飯だった娘のために、お弁当を作って行きました

有り合わせですが・・お母さんのお弁当が一番好き・・と言ってくれます

京都で買った「はれまのチリメン山椒」のおにぎりです




すっかり暮れた一人の帰り道

お婿ちゃんが迎えに行きましょうか・・と言ってくれましたが

千日前から

一人で帰りました

今日は前から3列目で観た文楽見物のお話です

関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2018/11/18(日) 18:08:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> くろまめ日記さん
こんばんわ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/084.png">
文楽座は750席ですが、いつも満席です。
外国人も多くなりました。
熱心なファンに支えられています。

No title

2018/11/18(日) 15:42:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんにちは。。
娘さん、文楽の為に、後援されてて、素晴らしいですね。
前知事が、文楽予算減らすとか言ってましたが、大丈夫ですか?
伝統芸能を支え、育む、大切な「たにまち」の存在と思います。

手作りお弁当が一番ですね。
お弁当を作らなくなって、何年だろう・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する