本のお話(6) 小川洋子著「琥珀のまたたき」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(6) 小川洋子著「琥珀のまたたき」

2019/01/14 08:47:08 | 本のお話 | コメント:0件

小川洋子著

【琥珀のまたたき】



不思議な物語でした

妹を肺炎で亡くした3人の姉弟は、ママと一緒にパパが残した古い別荘に移り住む

ママはその小さな妹は犬に噛まれて死んだと思っている

姉弟は・・オパール、琥珀、瑪瑙(めのう)という新しい名前で呼ばれ

閉ざされた家の中で暮らす事になる

そこにはパパが残した売れ残りの図鑑が沢山あった

パパは他に家があったが病気になり、ママと子供達はこの古い別荘に捨て置かれた


売れ残りの図鑑だけが知識を得る手段

ママは生活のため近くの施設へ働きに行き

姉弟は外部とは全く遮断された家の中で・・

実は6年以上も暮らしたと後に分かる

姉のオパールは「よろずや」としてやって来るジョーとダンスを踊った日に姿を消し

弟の瑪瑙は禁じられていた塀の外へ出て、水道メーターの検針員に見付かってしまう

ママは自殺し、琥珀も施設に収容された

その閉鎖された家の中で3人の子供達が過ごした様子が物語です


家の中と施設の中の様子が交互に描かれるので、ちょっと混乱しました

小さな声で話す事を強いられていたため、3人共殆ど声が出ない状態になっている

助けられた瑪瑙は他家へ養子に行きそこで死んだ

施設にいる琥珀は絵を書いている

琥珀は左目に異常があり、その目からは・・

ママ、オパール、瑪瑙そして3歳で死んだ妹も見え

不思議な形で家族を結びつけていた


小川洋子ワールドを楽しみました

評価の高い小説です

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する