「舟木一夫コンサート」を聴きに新歌舞伎座へ行ったお話 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

「舟木一夫コンサート」を聴きに新歌舞伎座へ行ったお話

2019/02/16 10:02:28 | 日々の暮らし | コメント:4件

新歌舞伎座は・・

大阪梅田から大阪メトロ谷町線・谷町9丁目で下車

延々と構内を歩いて10分 大きなビルの6階にあり

座席数1638席で3階まであります

舟木さんはその劇場を満席にして歌いました

午前の部も満席だったそうです



新歌舞伎座開場60周年記念公演でしたが・・

以前の新歌舞伎座は御堂筋に面した所にあり

舟木さんは21歳の時にそこで歌ったと話していました


オープニングの前に、プレゼント・タイムがあるとアナウンスがあり

舟木さんが緞帳の前で沢山のプレゼントを受け取りました

ジーンズにスニーカー、白いシャツ姿

片手にマイクで・・ヴァレンタインの日は・・

「死ぬほどチョコレートを貰ったので、駅前で売ろうかな」と思ったと話しました


緞帳が上がると・・

プレゼント、花束がいつものように壇上に並べられて

1部・・ヒットパレードの始まりです

オープニング曲は「東京は恋する」



歌って登場でした


濃いブルーグレーの様な少し光沢のある上着に白いシャツ

小さな蝶ネクタイと黒い太目のサッシュベルトを腰に、黒いパンツのサイドには裾までの黒いライン

いつものお上品で、シックな正装でした


今回は2階のお席でステージとは随分離れていましたから

終始オペラ・グラスを使いました


「北国の街」 口笛で始まる「哀愁の夜」 「たそがれの人」 「絶唱」

「たそがれの人」は②番が割愛されて①と③のみ

最近の私のお気に入りでしたから、少し残念でした

この曲は21歳の時に歌ったそうで、そんな年齢で歌の気持が分かるはずもない・・

・・という様なお話でした

この辺りで・・「あのへんの、あの頃の歌を」と

「高校三年生」 「学園広場」を歌い、この歳で「高校三年生」はずうずうしいか・・と

ちょっと笑ったお顔はとても若々しい


2部は1時間30分をずっと歌い続けたいので、途中の拍手も無しで・・と

上着を脱いで黒のサスペンダー姿で、サインボールを打ち

2ツも2階まで飛んできてキャッチされた幸運な人がいました


ここで30分の休憩です


2部は日本の名曲「めぐる季節に」

舞台には花束だけが置かれ、ベンチに空間がありました

後に・・そこに腰掛けて歌われたのです


黒に見えましたが濃い濃い紺色の様で少し光沢のある3つ揃えのス―ツ姿

ノ―タイで白いシャツ、胸元にはゴールドのペンダント

仕立ての良さが際立つスーツ姿

端正なプロポーションの舟木さんは、いつもにも増して素敵でした


不覚にも何曲歌われたのか記録しなかった

多分20曲近く歌われたと思います

恥ずかしながら・・私はその曲の題名が分かったのは・・

「神田川」 「なごり雪」 「あんたのブルース」 「Dancin' all night」 「Love is over」

「少年時代」 「夢の途中」だけ


1960年の終わりから1990年の30年間は日本の高度成長期で

私は日本を留守にしていたり、歌(クラシック)の勉強や他の事に夢中で

日本の歌をあまり聴かずに過ごしていました

聴けば少しは歌える曲もありましたが、題名までは浮かんで来ませんでした


一気に熱唱した舟木さんは・・

歌い終わってステップを上がり、両手を大きく上げて満面の笑みを浮べた

どんなもんだい

きっと心の中でご自分に拍手喝采をされたのではないでしょうか

謙虚な舟木さんが・・

そんな事を云う筈はありませんが、自信と満足に満ち溢れた姿がそこにありました



と歌いながら緞帳が下り

観客はスタンディングオベーションで拍手喝采をしたのは言うまでもありません


夕暮れた帰り道

今年のツアーの2部が、今日の様な形式で進むなら・・

舟木さんの体への負担が心配です

持ち歌ではないあれだけの曲をこなす気力と体力は相当なもの

どうぞ

健康で長く、長く、私達を楽しませて下さい・・と

俄かにファンになった私からのお願いです

次回は・・

6月に京都か神戸で・・きっとお目に掛りたいものです

関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2019/02/16(土) 15:53:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> tan*****さん
こんにちは❤️
持ち歌が少なかったのは少し淋しい気がしましたが、
20曲近い人のヒット曲を自分のものとして完成させたのは凄い事だと思いました。
ペンライトは禁止です。
そんなことも含めて明日また追記を書きますね🎵

No title

2019/02/16(土) 14:56:00 | URL | tan***** #79D/WHSg
楽しまれて良かったですね。
自分の持ち歌以外にも沢山の歌詞を覚える舟木さん、凄い!https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">ペンライト禁止なんですか?昨年、明治座で五木ひろし&坂本冬美の時は、結構なペンライトが振られていましたが・・・

No title

2019/02/16(土) 11:22:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> くろまめ日記さん
こんにちは❤️
うちわ、ペンライトは禁止です。
クラシックを聴く時と同じですよ🎵

No title

2019/02/16(土) 11:12:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんにちは。。
ファンサービス満点のステージだったようですね。
舟木一夫ファン、集結ですね。
良くアイドルなどに見られえる「うちわ」を持っている人、いるのでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する