本のお話(16) 朝井リョウ著「何者」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(16) 朝井リョウ著「何者」

2019/02/25 14:51:58 | 本のお話 | コメント:0件

朝井リョウ著

【何者】



平成元年生まれで直木賞を受賞した作品です

就職活動を目前に控えた拓人とその同居人の光太郎

光太郎と別れた瑞月とその留学仲間の理香

理香と同棲中の隆良

就職活動仲間として集まる5人の日常を細かく描いた小説です

今時の若者がSNSで発する言葉の裏にある本音

その本音の裏にある自意識

うわべだけの関係が次第に壊れて行く過程が描かれています


読み手の私から見ると

孫の様な世代の若者の話で、ついていけない部分もありました

時代を読み取り

それを文章にした先駆性というか先進性が受賞の大きな要素なのでしょうね

映画化された「桐島 部活やめるってよ」も朝井さんの作品です

直木賞ならではの小説だと思いました

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する