本のお話(27) 泉ゆたか著「お師匠さま、整いました!」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(27) 泉ゆたか著「お師匠さま、整いました!」

2019/04/21 09:23:57 | 本のお話 | コメント:0件

本

泉ゆたか著

【お師匠さま、整いました!】


可愛いイラストの表紙と装画はMinoruさんです

享保11年 茅ヶ崎は浄見寺で今は亡き夫の跡を継いで、桃は寺子屋で子供達を相手に師匠をして暮らしている

夫の清道は算術家で、桃が15歳で嫁いだ時は既に60歳に近かった

茅ヶ崎の漁村で生まれた桃の父親は高波に攫われ死んだ

本屋へ奉公に出ていた時に清道に見染められ、結婚してからは、夫に甘やかされ、我儘放題に過ごした

夫との夜の営みが好きで、勉強もしなかった事を後悔する桃であったが・・

酒匂川の氾濫で両親を亡くした春が、もう一度学問を学び直したいと訪ねて来たり

寺子屋一番の秀才の生意気娘・鈴との関わり

幼馴染の大工の平助との関わりの中で自分を見つめ直していく姿が描かれています


泉ゆたかさんは

この小説で「小説現代長編新人賞」を受賞しました

爽やかで、ほんのり温かい物語です
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する