映画「アマンダと僕」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「アマンダと僕」

2019/07/26 08:29:17 | 映画 | コメント:0件

映画

【アマンダと僕】


2018年 フランス製作

原題は「Amanda」

320_20190726075418c03.jpg

7歳のチョッピリ太ったアマンダはシングル・マザーのサンドリーヌとパリのアパートで暮らしている

サンドリーヌは高校の英語の教師

弟のダヴィッドは家主の手伝いをしている24歳

恋人・レナがいる

姉弟の母親はイギリス人でダヴィッドがまだ赤ちゃんの頃に家を出て、父子家庭で育った

ある日 突然サンドリーヌが死んだ

ダヴィッドは7歳のアマンダの後見人になり、一緒に暮らす様になった

それまでのダヴィッドの葛藤とアマンダとの絆が描かれたヒューマン・ドラマです

泣かなかったアマンダが・・

ブルーグレーの綺麗な瞳からいっぱいの涙を流して終演しました

谷川俊太郎さんが・・一緒に泣いたのではなく、アマンダと一緒に生きた・・という感想を書いています


過ってのアメリカで、エルビス・プレスリーのコンサート会場から観客が去らなかった時

「エルビスは帰りました」とアナウンスがあり・・エルビスはもうここにはいない・・と観客に知らせた

アマンダと母親がYou Tubeで、エルビスの曲を聴いて、ツイストを踊る場面があり

その時に、母親は・・エルビスは帰りました・・の逸話を話します

母親は・・もうここにはいない・・とアマンダが知った時

アマンダは大粒の涙を流して、母の不在を認めたのでした

一緒にイギリスへ行き、ダヴィッドは顔も憶えていない母親にアマンダを会わた

それは姉の願いでもありました

一緒にウィンブルドンでテニスの試合も見ました

負けていた選手がジュースまで持ち込む場面で、アマンダは・・エルビスは帰りました・・と呟く

もう終わったんだ・・と

アマンダが可愛く、戸惑いから献身へと心の変化を見せるダヴィッドが素敵でした

綺麗なフランス語が聞けて嬉しかった

お勧めの映画です

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する