本のお話(54)「国破れても情愛に恵まれて」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(54)「国破れても情愛に恵まれて」

2019/07/30 08:38:45 | 本のお話 | コメント:0件

南俊彦(旧名Luu Van Po)著

「国破れても情愛に恵まれて」


本

旧南ベトナムから日本の大学(神戸大学)へ留学してきた学生の46年の記録です

日本に帰化して、日本名は南俊彦さんです

日本に留学中にベトナム戦争が終結し、南ベトナムという国が無くなりました

無国籍になった彼の苦悩と努力、日本で正社員として働いたミズノでの出来事

上海勤務となり定年まで頑張った14年間の記録もあります


ベトナムからの留学生として、とても苦労し、頑張った彼は、まだまだ恵まれていたと思います

結婚し2人の息子に恵まれ、西宮市に住み、孫も出来ました



新聞の紹介で知った本ですが

終始 自慢たらしいのが気になりました(笑)

自叙伝では仕方のない事かも知れませんね


一留学生の記録を、一日本人として知る事が出来たのは良かった

外から、内から見た日本人

内にいると分からない事を教えられたと思う箇所も多々あり、一読の価値はあったと思います
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する