映画「あなたの名前を呼べたなら」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「あなたの名前を呼べたなら」

2019/08/29 08:46:29 | 映画 | コメント:0件

映画

【あなたの名前を呼べたなら】


2018年 インド、フランス合作

原題は「Sir」

あなたの名前

身分制度、因習を乗り越える男女を描いた女性監督ロヘナ・ゲラの作品です


農村出身のラトナは結婚数ヶ月で夫を亡くし、婚家の口減らしで大都会ムンバイでメイドをして婚家へ仕送りし

妹を学校に通わせている

雇い主のアシュヴィンは建設会社の御曹司

結婚式直前に婚約者が浮気し、傷心の一人暮らし

彼の兄が急死したため、ニューヨークから帰国して、父親の仕事を手伝っている


ラトナはファッション・デザイナーを夢見て、メイドの合間に勉強中

ご主人様(Sir)と呼ぶ雇い主は裁縫学校へ行く事を許してくれ、ミシンも買ってくれた

広いマンションでの2人暮らし

次第に彼の心を揺らすラトナ

ラトナは結婚してムンバイで暮らす妹の所へ逃げた

そこは身分の低い人達の住む所

ご主人様の住む所とは大違いで、その対比も見所です


そんなある日

電話があり、洋装店への就職が決まる

きっと・・ご主人様が紹介してくれたんだ・・とマンションへ向かったが

彼はニューヨークへ行ってしまった後だった


彼と2人で見たマンションの屋上からの景色を眺めながら・・ラトナはそっと呟く

アシュヴィンと・・


言語は英語で、地方の言葉での会話もあります

ラトナはメイドですが、衣粧がとても素敵でした

小さなシャツにサリーを組み合わせていますが、派手な組み合わせが斬新でいい

地方の風習や、近代的な大都会ムンバイの生活も垣間見られます


最後は・・

やっぱりダメだったのか、彼の所へ行けるのか

観る人の想像に任せて終演でした


お隣りに座ってた人が話しかけてきました

どっちなんでしょうね・・と

ラトナの幸運を祈ります(笑)
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する