映画・・【キャロル】 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画・・【キャロル】

2016/02/19 08:03:15 | 映画 | コメント:0件


この映画は1950年代のアメリカのお話です

美しくお金持ちの女性・キャロル(ケイト・ブランシェット)

写真家になることを夢見てデパートの玩具売り場で働く女・テレーズ(ルーニー・マ―ラ)

二大女優の共演です

原題は「The Price of Salt」

アメリカの女性作家・パトリシア・ハイスミスの100万部を超える大ベスト・セラーです

同性愛の物語ですから、当時のアメリカでも受け入れられないと・・

1952年にクリア・モーガンの名義で出版されました

そして

1990年になってようやくパトリシア・ハイスミスの作品と発表されたのでした



ポーランドからの移民であるテレーズ

玩具売り場で出会ったキャロルに何故か魅かれ

キャロルも手袋を忘れたふりをして2人は再び出会います

そして

ニュージャージーの豪邸暮らしのキャロルとテレーズはクリスマスに旅に出て

抜き差しならぬ関係になりました

キャロルの夫は・・キャロルが過去にも幼馴染の女友達・アビーと不適切な関係だった事を知っていました

離婚に向けて娘のリンディをどうするか

揉めていた時期でした

キャロルは豪邸を売り払い、マンハッタンのアパートで一人暮らしの生活を選択します

そして

自分らしさは何か?と考えた末に

キャロルもテレーズも心のままに生きる道を選びました



今では

同性婚も認められる世の中ですが、1950年代では難しい選択だったと思います

絶賛されアカデミー賞候補の作品ですが・・

イマイチ共感できない自分に戸惑います

自分らしさの追求は、時にはある犠牲の上に成り立つものかも知れないなぁ~~と

思いつつ映画館を後にしました

Kプラザでもブログを開設していますが・・
サバエラが多いので、これからはこちらでも同じ記事をUPする事にしました
よろしくお願い致します

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する