映画「エンテべ空港の7日間」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「エンテべ空港の7日間」

2019/10/24 08:33:07 | 映画 | コメント:0件

映画

【エンテべ空港の7日間】


2018年 イギリス、アメリカ合作

原題は「7Days in Entebbe」

160.jpg


1976年

イスラエル テルアビブ発パリ行きのエールフランス機がテロリスト4人に乗っ取られた

新パレスチナ過激派は500万ドルと50人以上の仲間の解放を要求

ウガンダのエンテべ空港に到着した256人の乗客と乗員

ユダヤ人とイスラエル人106名をを解放した

イスラエル政府は特殊部隊を派遣し、100人以上の人質を強引に救出した

この事件で人質4人と特殊部隊の隊員数人が死亡した


史実に基づいた映画で、過去にも何度か映画化されたそうです

今から43年前は、過激派がテロを起こし

日本でも連合赤軍などの悲惨な事件が相次ぎ、世界中を震撼させた時代でした


時間つぶしに観た映画でしたが、あの時代は手荷物検査も甘く

容易に武器を機内に持ち込めたんだなぁ~~と思いました

あの頃は・・常にハイジャックの恐怖がありましたものねぇ


評価の分かれる映画ですが

今回はイスラエル政府の要人達にも焦点を当てて描いた所が秀逸だった様です

特殊部隊の突入で犯人を襲撃する間、床に伏せた人質達の恐怖は如何ばかりだったか

無事に解放された人達と犠牲になってしまった人達の明暗を分けたものは何だったのか

深く重く心に圧し掛かる映画でした
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する