本のお話(82)大沢在昌著「新宿鮫 無間人形」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1780位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
210位
サブジャンルランキングを見る>>
bonbonの日常と非日常

本のお話(82)大沢在昌著「新宿鮫 無間人形」

2019/12/04 08:19:55 | 本のお話 | コメント:0件

大沢在昌著

【新宿鮫 無間人形】


本 (3)

先日読んだ眉村卓さんの本の中に、大沢在昌さんの話が出て来ました

あら!どんな作家かしら?と検索してみると1993年にこの作品で直木賞を受賞

その他にも数々の賞を受賞して、この新宿鮫シリーズで有名な作家だと知りました

図書館で借りた本は・・紙面が茶色に変色して、分厚くて、今にもバラバラになりそうな感じ

どれくらい古いのかと思うと第一刷が1993年(平成5年)だから、そんなに古くない

如何に沢山の人が読んだのだろうと想像するほどの汚れ具合の本でした(笑)


この種類の小説を読むのは初めてだったが・・

読み始めたら止まらなく、寝ないで夜中まで読んでしまった程 面白かったです


新宿署の刑事・鮫島

麻薬組織を検挙するまでの葛藤、活躍、経緯などが、息も吐かせない展開で書かれています


この小説の事を友人に話したら・・有名なシリーズだよ・・と教えてくれた

次回も大沢さんの著書を2冊予約しました

大沢さんに・・ちょっとハマりそうになっています
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する