本のお話(89) 宮本輝著「春の夢」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(89) 宮本輝著「春の夢」

2019/12/27 09:12:58 | 本のお話 | コメント:0件

宮本輝著

【春の夢】


本 (3)

初版が昭和59年ですから60年前位に書かれた小説です

その時は・・私は19歳だったなぁ~~と感無量

宮本さんは神戸出身で、関西弁の会話が多い事も気に入ってる事の一つ


父親が残した借金の取り立てから逃れ、大阪は大東市・住道(すみのどう)へ引っ越してきた大学生の哲之

母親は北新地の料亭で住み込みで働いている

大学で知り合った陽子と付き合っていて、彼女は阪急沿線の武庫之荘に住んでいる一人っ子のお嬢さん

ボロアパートへ引っ越した日

長い付き合いだった陽子と初めて結ばれた

電気が点かない部屋で、帽子掛けの釘を打ったら、その柱にいた蜥蜴(トカゲ)も一緒に打ちつけていた

その蜥蜴をキンちゃんと名付け、一緒に暮らした一年が描かれた小説です

ホテルでボーイのアルバイトをしている事、借金取りに半死半生の目に遭わされた事

陽子との安寧とは云えない付き合いの中で、陽子の真実の愛を確かめられた事

釘を抜いたら死ぬと思って抜けなかった釘

本を買って育て方を研究し、蜥蜴に餌を与え、水を与えて生き伸びた蜥蜴

一年後の春の引っ越しの日

放たれた蜥蜴・キンちゃんは姿を消した

それは

母と陽子と一緒に、陽子の実家の近くに住める日だった

そんな哲之の青春の日々が描かれています


宮本輝さんの小説が好きだった・・と思い返し、このお正月休みは宮本輝さんを読もうと決めた

お正月の5日間はベトナム旅行だから、お正月の準備をしなくていい

一人暮らしになってから汚す人がいないし、毎日小まめにお掃除しているから、大掃除もなし

明日から休暇になる娘達はお婿ちゃんの実家へ

娘は大晦日の31日にこちらへ帰り、私と一緒に旅行に行く

お婿ちゃんが92歳の父上と一緒に過ごし、娘は私に付き合ってくれる事になった

去年は一人ぼっちの年末年始で淋しかったから・・と

旅行の準備は整った

年末は読書三昧で過ごします
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する