ベトナム旅行記 4回目 ミ―ソン遺跡の見学 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
157位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
157位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

ベトナム旅行記 4回目 ミ―ソン遺跡の見学

2020/01/10 10:06:11 | 旅のお話 | コメント:0件

ダナン3日目はホテルから1時間のミ―ソン遺跡の見学の日

朝食は・・

小さなモーニング・ステーキを食べて、頑張って行かなきゃ~と思ったのですが・・

ベトナ18

少しのチャーハン、餃子、美味しいハム、サツマイモを

ベトナ13

娘は・・

何やら食べて

ベトナ15

フルーツを食べて・・出掛けました

ベトナ16

遅れないで迎えに来たガイドと一緒に小さな乗用車でミ―ソン

車窓から見える景色の説明がないので、珍しい建物などは指差して聞きました

立派なお墓だったり、戦没者の慰霊塔だったり

相変わらず自分の事ばかり話すガイドにうんざり


ベトナムでは大学進学率が15%で、ホーチミン、ハノイの様な大都会で15%ですから

ダナンの様な地方では、大学へ進学する事すら珍しいのかも知れません

だから・・自分が如何にエリートかを強調したいのだと思います

姉妹都市の日本の岡山の美作市へ選ばれて行ったのも自慢の一つだったのでしょうね

金毘羅歌舞伎に行って、その衣装を着た写真も見せられました

自分の事を自慢出来る日本人が来た・・と

いいカモになってしまった不運な私達でした(笑)

ミ1

ミ―ソン聖域はベトナム中部クアンナム省にある、古代チャンパ王国の聖なる遺跡で

1999年ユネスコ世界遺産に登録された世界遺産です

入場料は800円らしいガイドが何も説明しないので帰ってからネットで調べました

入場券とパンフレットが欲しいと言うと・・後で渡す・・と言いながら結局くれなかった

ミ2

チャンパ王国へ入る門だった所

ベトナム戦争で殆どが破壊され、修復の途中です

ミ4

山全体が遺跡で、シャトル・バスが走っているが、殆どは徒歩で往復2時間は歩きます

事前に聞いていなかったので、長く歩くと足腰が痛むので、もう~~~よれよれになり、疲れました(涙)

ミ5

小雨が降ったり、止んだりの天気

雨季ですが・・一日中降る事は無く、少し降ってはすぐに止みます

ミ6

遺跡は点在していて、ブロック別に分かれ、主神殿、祈祷所など何が何やら分からない

近くに日本人グループを添乗している男性ガイドがいて、しっかり大きな声で説明しているから

そのグループに付いて行き説明を聞きました

私のガイドは声が小さいので、広い場所では聞きとれない

ミ7

ミ8

ミ9

こんなレンガの中に仏像の彫刻があったり・・と

ベトナム戦争で破壊されなかったら、どんなにか立派な遺跡だったであろうか・・という事は分かりました

ミ10

ミ11

男性と女性の性器を表している

この神殿の主意だそうです

ミ13 (1)

ミ13 (2)

ミ13 (3)

サンスクリットが綺麗に残っていて、解読されたそうです

ミ13 (4)

修復された建物 

レンガの色が違っていますが、また何百年も経ったら、同じ色になるのでしょうね

ミ14 (1)

ミ14 (2)

ミ14 (3)

ミ14 (5)

ミ14 (6)

ミ19 (1)

ミ19 (2)

ミ19 (3)

神殿へ入る門 修復されていました

ミ19 (6)

修復にはの国々が資金を援助している

長い歳月が掛かるでしょうが、修復が進めばいいなぁ~と思いました

ミ19 (7)


今回は写真が多くなったので・・

ホイアン旧市街は次回にUPします

お楽しみに
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する