オーロラ爆発のお話 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

オーロラ爆発のお話

2020/01/24 09:14:26 | 日々の暮らし | コメント:0件

散々な誕生日だったが、昨日は下す事も無く、朝からお粥を作って少し食べた

胃の辺りがムカムカするので、お昼はリンゴを1/4だけ、夜もお粥少々と梅干し、ミカンを絞って飲んだ

一日中 ベッドでTVを見て過ごす

NHK・BSでオーロラ爆発の番組があった

カナダ・イエローナイフのオーロラを追跡する番組だった

2005年の9月に私は同じカナダ・イエローナイフへ行ってオーロラ爆発を見た

イエローナイフへはエア・カナダを乗り継いで行く

確か・・バンクーバーエドモントンイエローナイフと乗り継いで行った・・と思う


オーロラは4日の周期で凄いのが現れる・・と聞いていた

到着後は毎晩 車で町から離れ、町の灯が届かない高台の池の畔の小屋でオーロラを待つ

毎晩の様に、漆黒の夜空にオーロラが現われた

傘の様に丸い中から降り注ぐオーロラ、カーテンの様にゆらゆらと揺れて動くオーロラ

9月初旬のイエローナイフの夜の気温は零下5℃ー10℃でそんなに寒くない

オーロラ姫は・・男が口笛で呼ぶと出て来る・・と言って口笛を吹いてくれた男がいた

それは

滞在4日目の事だった

充分にオーロラを堪能し、ホテルへ帰ろうと小屋に向かいかけた時

辺りから悲鳴の様な歓声が上がり、周りが急に明るくなった

人々は言葉無く夜空を見上げたその先には

龍が渦を巻いて、グルグルと天空を駆け抜ける姿にも似たオーロラが出現していた

七色の龍が早い速度で大空をかけ巡っている

恐れ慄く・・という言葉でしか表現できません

地元の人が・・昨夜は爆発だった・・というオーロラ爆発を見たのでした


今も当時のお仲間と・・あれを見たのは本当だよね・・と確認し合っている

それほど凄いオーロラを見てしまった

オーロラは7色ではなく、紫、緑、薄い黄色、赤、薄い水色らしいが、私は7色の龍に見えました


その後

オーロラ・ウォッチャーとなって

フィンランドのサーリ・セルカ、アラスカのフェアーバンクスへも行きましたが

イエローナイフで見た程の爆発には出会っていません

昨日 TVで見たより凄い爆発でした


の写真は2007年 アラスカのフェア―バンクスで、一緒に行った友人が撮った写真です

アラスカ・フェア―バンクスでも毎晩のようにオーロラが現われました

フェア―バンクスの大空いっぱいに現れるオーロラはダイナミック

お昼間は・・犬ぞりのレースを見たり、チナ・ホット・スプリングス(チナ温泉)に入って楽しみ

町で・・大きなタラバ蟹を食べて大満足の旅でした


4年に1度の周期で現れるという真っ赤なオーロラが出現したイエローナイフ

夜空を真っ赤に染めたオーロラを人々は恐れ慄いて見上げたそうです

そんな真っ赤なオーロラを見る夢は未だ叶っていません

真っ赤なオーロラを観察してみたいものです

今日はオーロラ爆発のお話です

blog_import_5c958655be83f.jpg
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する