映画「屋根裏の殺人鬼 フリック・ホンカ」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
171位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「屋根裏の殺人鬼 フリック・ホンカ」

2020/02/20 08:25:38 | 映画 | コメント:0件

映画

【屋根裏の殺人鬼 フリック・ホンカ】


2019年  ドイツ、フランス合作

原題は「Der Goldene Hand Schuh」

bc763b8e05bc83a0.jpg


1974年 ドイツの北にある港街・ハンブルクで実際に起こったお話です

鼻が曲がり、歯もボロボロで、猫背の男・ホンカ

アパートの最上階の屋根裏部屋に住んでいる

常に悪臭が漂う部屋の物入れには、死体が隠されている

安酒場に出入りする女(娼婦だが太った老女が多い)を自分の部屋に連れ込んで殺す

1974年頃のハンブルクの下町・ゴールデン・グローブはアル中の溜まり場

フリック・ホンカもそんなアル中の一人

彼の部屋の下の階が火事になり、彼の犯行がバレて逮捕された


神戸のペイン・クリニックの予約時間の都合と合わせたら、この映画を観るハメになった

久しぶりでドイツ語が聞きたかったのもあったが、とにかく悲惨で恐ろしい映画でした

男も女も素っ裸で、ボカシも入っていない場面もありました

タバコとお酒にまみれたアル中の老女と殺人鬼

恐ろしい映画を観てしまった水曜日の午後でした
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する