映画「赤い河」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画「赤い河」

2020/04/11 08:51:22 | 映画 | コメント:0件

映画

【赤い河】


1948年 アメリカ制作

原題は「Red River」

_.jpg

昨日 BSプレミアムで観た映画で

今から72年前の映画ですから、勿論 白黒です


テキサスからミズーリまで数万キロの荒野を、一万頭の牛を追っていく牧童の物語です

CGのない時代に、あれだけの牛、馬を移動させる画面に感動しました

ハリウッドの底力を見せつけられた映画でもあります

何度も観た映画ですが、何度観てもいい映画はいい


西部劇の第一人者・ジョン・ウェイン

私が一番好きだったモンゴメリー・クリフトの映画初出演作でもあります


アメリカ先住民(インディアンという言い方はしない)に両親を殺された少年マシュウが

幌馬車の用心棒だった銃の達人・ダイソンが開拓する事になった土地で育っていく

あの時代のアメリカは荒野を自分の土地に出来たのですね

南北戦争から帰ってきたマシュウ(モンティ)は大人になり、ダイソンの片腕となった

戦争のため牛の値段が急落し、2人はミズーリへ牛を売りに行く遥かな旅に出る

沢山の牧童を雇いました


途中 ダイソンの独断的な言動で離れていく者、死ぬ者もあり

脚を怪我したダイソンを荒野に残して、マシュウが指揮をとって町へ辿り着いた

途中でかなりの牛を失うが、町では高値で売れた

・・が追ってくるダイソンに怯えるマシュウだった

ダイソンがマシュウの前に現れた

銃を構え撃ちまくるダイソン(上手くマシュウを外しているが)

じっと動かないマシュウここのモンティのカッコよさ

はにかんだ様な笑顔なんですよ

名演技として今も語り継がれている場面です

マシュウはダイソンが絶対に撃つはずがない・・と思っている

撃たれても仕方ない・・とも思っている

お互いに銃を捨て、取っ組み合いになった2人に、いきなり女が銃を構えて立ちはだかる

その女はマシュウが道中で知り合った想い人だ

少年の時から一緒に暮らし、自分の息子と思っているマシュウを撃てるはずもなく

マシュウに子供が出来て、後継者になってくれる日をダイソンは心から願っているのだ

多分・・マシュウの銃には弾が入ってなかった・・と思いますね


昔のハリウッド映画はハッピーエンドと決まっていたから、安心して観られます

モンゴメリー・クリフト(モンティ)を最初に観たのは「地上より永遠に」でした

それは私が観た最初の洋画でもありました

それから

「陽の当たる場所」 「終着駅」 「去年の夏突然に」 「荒馬と女」 「愛情の花咲く樹」 「私は告白す」 「山河遥かなり」

モンティの映画は殆ど観ましたが、たった45歳で心臓発作で亡くなってしまいました

わが青春の貴重な想い人でした


コロナで自宅待機の日々

BSプレミアム

シネマ・シアター(月曜ー金曜 午後一時)は嬉しい時間です

もっと映画の時間を増やして欲しいものです
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する