本のお話 沢村凛著「グァテマラゆらゆら滞在記」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話 沢村凛著「グァテマラゆらゆら滞在記」

2016/03/21 17:13:39 | 本のお話 | コメント:0件


沢村凛著

【グァテマラゆらゆら滞在記】

沢村凛さん繋がりで読んだ本です

滞在記なので紀行文とは少し違います

グァテマラは

中央アメリカ北部の小さな共和制国家でメキシコ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバトルと国境を接しています

マヤ文明が栄えた国で国民の過半数が原住民のインディへナです

スペインが統治した時代があって原語はスペイン語

筆者は・・離婚(本文には離婚という言葉は出てこない)という現実から逃れるために

予備知識が少なく、尚且つ、誰も知り合いの無い国へ

期限も決めず長期滞在のため出掛けて行きました

ラテン系で、陽気で、結構いい加減な国民性の国で

沢山の人と出会いながら、それでも1年間住んだアンディグアが好きになって暮した滞在記です

南米、中米の事を殆ど知らない私にはとても興味深く楽しいお話がいっぱいでした

民族衣装の色彩の豊かさ、果物の豊富さなどを読んでいると一度行ってみたい気がしました

貨幣価値が違って、物価が安く、多少の不便はあっても若い時なら

一年位の滞在をしてみたいなぁ~と思いました

旅行で行くのと短期間でも滞在して生活するのは大違いです

滞在して生活しないと見えてこない事があります

そんな意味で滞在記は本音が聞けますね

連休の3日間で読破しました

次はちょっと趣向の違う小説を読みます


おまけのお話

土曜日からNHKで上橋菜穂子さんの「精霊の守り人」が始まりました

昨年から何冊か読んで楽しんだ上橋ワールド

映像で観たらどんな感じかしら?と

毎週土曜日が楽しみです

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する