本のお話 山口恵以子著「恋形見」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話 山口恵以子著「恋形見」

2016/03/26 18:40:46 | 本のお話 | コメント:0件


山口恵以子著

【恋形見】


山口恵以子さんは・・

ずっと以前に「月下上海」を読んだだけですが

新聞に「風待心中」の紹介があって、読んでみたくて図書館を検索したら無い@@!

まだ入庫していない様なので、代りに2冊を借りて来ました

時代物は言葉が難しく漢字の読みも難しいのでルビ付きが多いですね

最初に日本橋北界隈の地図などあって、物語の位置関係が分かり易くなっています



「おけい」はそんな日本橋で祖父の代から続く木綿や呉服を扱う「巴屋」の長女

母親は昔の因縁を引きずって「おけい」に辛く当たり、花びらの様に可愛い次女の「おその」を溺愛している

「おけい」の店の隣りに住む小間物屋の跡取り息子・仙太郎は色街に入り浸る放蕩息子

母親に酷く殴られた「おけい」は橋の欄干から飛び降りたら、どうなるのだろう~と・・

そこで仙太郎に出会った

仙太郎は汁粉をご馳走してくれて、大人になったらきっと似合う・・と

「黒漆に螺鈿細工の施された見事な櫛」をくれた

その「櫛」が「おけい」のお守りになります

父親が突然亡くなり、「おけい」は努力を積み重ねて巴屋を立派で大きなお店にします

心の中では

今は行方知れずの仙太郎が帰って来た時のために・・

ただそれだけを願って様々な困難と闘い、商いに励む日々の物語です

さてさて

どんな結末になったのでしょうか

度胸と才覚を武器にちっぽけな太物問屋から、江戸有数の大店に成り上がった女の秘めた恋

もう会えないと知って初めてその「櫛」を髪に挿しました

四十路に入った長(ろうた)けた「おけい」に、その「櫛」は不思議な程似合っていたのです

「おけい」は幸せな生涯だったのでしょうか

最後に

少し泣きました

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する