中山可穂著「猫背の王子」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

中山可穂著「猫背の王子」

2016/07/01 09:38:01 | 本のお話 | コメント:0件


中山可穂著

【猫背の王子】


中山可穂さんの2冊目です

ガリガリに痩せて少年の様なミチル

小さな劇団の演出、脚本、女優をしている

父親の顔も知らず大人になり母親とは疎遠

劇団の運営と人間模様

そして

性の対象は常に女性で・・その女性達との性描写が繰り返し描かれている小説です

2冊目でギブアップしました



本を読む事が好きで、本を自由に買っていた時は

途中でイヤになって本箱に戻した本を、時を経てまた引っ張り出して読む

何だかんだと云いながら読んで良かったと思う事が多かったが

今回は・・もう~いいかぁ~~と思ってしまった本でした



筆者と余りにも違う世界観に嫌悪感があって、予約していた3冊をキャンセルしたほど

初めての作家さんは何冊か読んで

その作家さんの傾向を知ったり、共感したり、納得したり・・と

得る事の多い読書ですが、今回は、私的には違っていました



読書で想像力を高め、知らなかった世界で遊ぶ楽しさを言葉にするのは難しい

・・が

得ることがあっての楽しさなら自然にスラスラと書ける

そうでない場合は書けない

今回はそうでない場合でした

また

好きな作家さんの本を読んでスラスラと読後感を書きたいと思います

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する