友人のこと | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

友人のこと

2016/08/18 11:14:58 | 日々の暮らし | コメント:0件


長く生きて来て「袖すり合うも多少の縁」があった人は少なくない

この言葉は「袖振り合うも他生(多生)の縁」とも書かれている

仏教用語らしい



青春の真っただ中の4年間を毎日会って、毎日一緒に勉強して、毎日一緒に帰った

卒業して彼女は東京へ

私は神戸で結婚したが、手紙のやり取りは続き、今でも彼女の住所を憶えている

彼女は結婚して京都に住み3人の子供に恵まれれた

お互いの子供を連れて時々会っていたが、転勤などで疎遠になるも、年賀状のやり取りだけは続いていた



昨年

突然の夫君の悲報で難しい病気で亡くなられたと知った

社長職を退いて2年目の事だったらしい

泊まりがけでお悔やみに行った日から

青春時代の付き合いの続きが復活した

ごく自然に、何の衒い(てらい)もなく、青春時代を知る者同士の気安さと安心感

夫君がご健在の時は、2人して旅行や観劇に忙しかった彼女だから

さぞや

淋しい思いをしているだろう

さぞや

所在ない日々を過ごして居る事だろう

・・と心配し

何かと誘いを掛けて、毎月会う事になった

こんな形で青春時代を一緒に過ごした友人と、50年以上の時を経て、また親しく会える事が嬉しい

亡きご主人さまのお蔭ね~~と感謝

来月は「落語」その次は「キャッツの観劇」と楽しみがいっぱい

これからも元気で遊ぼうね

・・と

約束している

気の置けない友がいる幸せを感じる今日この頃です



写真はマッターホルンを背にばんざ~~~いするワタクシです

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する