2014年11月16日 文楽と楽屋を見せて頂いたお話 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

2014年11月16日 文楽と楽屋を見せて頂いたお話

2016/09/05 21:04:08 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:0件

今日は文楽を観る前に楽屋や舞台裏を見せて頂きました
↓は
人間国宝の人形の遣い手・吉田蓑助さんです
 
お部屋は思ったより狭く、お遣いになる人形が置かれていました
 
今日は【双蝶々曲輪日記】の「おはや」を遣われました
 
ここで・・娘と一緒に写真も撮って頂いたのですよ!


↓は
同じく桐竹勘十郎さんさんです
今日は駕籠屋の甚兵衛を遣われました
桐竹勘十郎さんのお姉さまは女優で落語家の三林京子さんです


 
廊下には沢山の人形があります

舞台裏で人形の遣い方を教えて頂き、舞台裏の装置や小道具も見ることが出来ました
人形を抱っこした人は・・結構重かった・・と
「かしら」だけですが着物が重いのでしょうね
遣い手さんが着せるそうです


↓は
今年11月に入ったばかりの18歳の遣い手の青年
親子3代目はいるそうですが、親子4代目は彼が初めてだそうですよ 
頑張って立派な遣い手になって欲しいものです

背景や小道具が所狭しと置いてあります


 
 


先日
三浦しをんさんの「仏果を得ず」や「あやつられ文楽鑑賞」を読んで
楽屋訪問を羨ましく思っていた所でしたから、こんなに早く夢が叶って、今日は嬉しい限りでした


前から4列目のいいお席で
演目は
近松門左衛門の世話物
双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわのにっき)
通しで5幕 
3時間半の長丁場です
成り行きで思いがけず4人の役人を殺めてしまい
お尋ね者になってしまった相撲取りの濡髪の長五郎が
子供の頃に別れた母に会いに行き
そこで
後妻となって、先妻の子で代官となった南方十次兵衛と住む年老いた母に会う
母は
実の息子を逃したい・・いやいや・・義理の息子に手柄を
・・との思いの葛藤の中
やっぱり義理を重んじるのですが、義理の息子は実の息子を逃がします
歌舞伎でも何度も観たお芝居ですが、何度観ても泣きそうになるお話です
忙しい娘は途中で退席してお仕事に向かいました
大阪の日本橋から地下鉄、阪急と乗り継いで、寄り道せずに帰宅しました
ちょっと
淋しい帰り道でした
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する