2014年6月2日 お泊りで東京へ歌舞伎を観に行ったお話 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

2014年6月2日 お泊りで東京へ歌舞伎を観に行ったお話

2016/09/05 21:28:10 | 歌舞伎 文楽 落語 能楽 | コメント:0件

3月に日帰りで東京へ歌舞伎を観に行きましたが・・
 
今回はお泊りで行って来ました
 
贔屓の仁左衛門さんが右肩鍵盤断裂から回復され6月の舞台で復帰されましたので
 
何が何でも行かなきゃ~~と
 
次回は是非・・とお約束していたK-blogのお仲間のたな子さま一緒でした
 
たな子さまとは4年ぶりにお会いしました
今回は
三階の正面席・・所謂「大向こう」と呼ばれる「通」のお席でした
仁左衛門さんんには「松島屋」
幸四郎さんには「高麗屋」 菊五郎さんには「音羽屋」
・・と
掛け声が飛び交い、活気に満ちて、とても楽しい歌舞伎見物でした
 
随分高い所ですが劇場全体が見渡せ、花道の一部も見えるのですよ
 
演目は↓の通りです 今回は分かり易い内容でした
 
3幕目の「大石最後の一日」
これは史実にないお話らしいですが・・
細川家に預かりの身となった「磯貝十郎左衛門」と「許嫁・おみの」の物語
結納の日に姿を消した「磯貝十郎左衛門」の本心を知るために
お小姓姿になって細川家を訪れた「おみの」
「おみの」が弾いた琴の爪を、討ち入りの時も、切腹の朝も、懐中に入れて持っていた・・と知り
真実を確かめた「おみの」は喉を突いて果てます
「磯貝十郎左衛門」もその朝、立派に切腹して果てるのです
孝太郎さんの熱演に泣きました 
歌舞伎で泣いたのは2度目、文楽では一度泣きましたが・・
孝太郎さんはお上手になられましたね
4幕目の「お祭り」
いよいよ仁左衛門さんです
粋な鳶頭に扮した仁左衛門さんの艶っぽいこと
片肌脱いで・・くりからもんもん・・の仁左衛門さんの所作ダテの美しいこと
粋で洒脱で華やかな復帰の舞台でした
大向こうから「待ってました~!」の掛け声に「待たせたね~」と掛け合って
それはそれは楽しい時間を共有出来た幸せな歌舞伎見物でした
たな子さま
ご一緒出来て嬉しかったです
有難うございました
その夜は・・
2009年にシフ君のファンミで知り合って交友が続いているお2人と押上のソラマチ30階で夕食
お2人とは2年ぶりの再会でした
お1人は・・中国語、韓国語も堪能で・・
シフ君の上海ファンミの時にはチケットの手配から上海のシフ・ペン達との連絡など随分とお世話になりました
お蔭様で一人旅でしたが何の不安も無く楽しんだ上海でした
もうお1人は・・大学は数学科の出身の「リケ女」でとっても素敵なnice midi(ナイス・ミドルの女性のこと)
この日のための準備をして下さいました
惜しむらくは・・3人共・・今や韓流から少々遠のいていること(笑)
でも
話題は尽きませんね~それも不思議(笑)
ビールで乾杯し、美味しく美しい日本料理を堪能

お腹がいっぱいになって
予約して下さっていたスカイツリーへ 最終の時間だったので待たずに昇れました
サファイア色のタワーは美しですね~! 念願だったのでとっても嬉しく少々興奮気味 
楽しい夜を・・有難うございました・・お世話様になりました
 
薄ぼんやりした夜景でしたが・・綺麗な三日月がお空に浮かんでいたのが印象的でした
 

 
10時になって夜も更け・・新橋まで送って頂き・・娘が定宿にしているホテルに辿り着きました
月曜と火曜が東京勤務の娘と一緒に、13Fの大きなお風呂に入り、お顔にパックして
ZZZZZ・・・
翌朝
霞が関ビルの職場へタクシーで通っている娘と一緒にホテルを出て
新橋で降ろして貰い
上野の美術館へ「バルチュス展」を見に行きました

 
4年前に上野の精養軒でたな子さまとご一緒にランチしたなぁ~と思い出しつつ・・
 

20世紀最後の巨匠と云われた画家・バルチュス
2度目の奥様は日本人です
とても素敵な方で先日BSプレミアムで拝見しました
今回は没後初の大回顧展で代表作40点以上を含め100点余りの展示でした
7月から京都でも開催されます
4ツの部屋に分かれた展示室を・・一人でゆっくり見て回りました
「夢見るテレーズ」メトロポリタン美術館でも見ました
エミリー・ブロンテの「嵐ヶ丘」の挿絵も描いていたのですね
その展示もありますよ
有楽町で学校時代の友人とランチの時間が迫り
急いで有楽町に・・
東京には同窓生が多く、同級生も25人程います
その中の一人は歌舞伎通で、ご贔屓が同じ仁左衛門さん
ビールで乾杯し、山菜の美味しいパスタと、ナッツと焦がしキャラメルの入ったアイスクリームも頂き
尽きぬ話に夢中になっている間に17:00発の飛行機の時間が迫り
大急ぎで羽田へ向かいました
ギリギリで飛び乗って←何もそこまで遊ばなくてもねぇ~~と我ながら呆れて(笑)
無事に全ての日程をこなして自宅に帰り着きました
楽しく・・でも少々疲れた東京行きではありました
私より遥かにお若い皆さま
有難うございました
また
会いましょうね
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する