本のお話(70)・・【危険な世界史 運命の女編】 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1026位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
143位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(70)・・【危険な世界史 運命の女編】

2016/12/15 08:19:32 | 本のお話 | コメント:2件

中野京子著
 
【危険な世界史 運命の女編】
 

 
中野京子さんは初めて読む作家さんなので・・
 
続けて3冊目を読みました
 
2章に分かれていて、全てマリー・アントワネットを軸して時代が書かれています
 
1章目は・・
 
歴史上で有名な女性の知られざるエピソードとでもいうのでしょうか
 
結構面白く読みましたが・・
 
2章目は・・
 
映画が語る世界史となっていて
 
映画で描かれた女性と実際の女性が如何に違っていたか
 
などなど
 
筆者ならではの解釈で語られています
 
日本の映画も「赤ひげ」「華岡清洲の妻」「武氏士の家計簿」も出て来ました
 
映画は比較的古い物ばかり
 
その映画を観ていたらきっと面白かっただろうなあぁ~と思いましたが・・
 
ま、短いお話ばかりなので飽きることなく読めました
 
 
中野京子さんのブログ「花つむ人の部屋」を覗くと
 
随分と本の出版も多く、再版に再版を重ねている売れっ子作家さんだと知りました
 
年齢は非公開で、北海道出身、早稲田大学大学院卒
 
日本のドイツ文学者、西洋文化史家だそうです
 
暫らく
 
中野京子さんを楽しんでみようと思っています
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2016/12/16(金) 17:31:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> tan*k*2020*1さん
中野京子さん
教えて頂き新しい発見でしたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">
「怖い絵」シリーズ予約しています。
「日本会議」難しそうなので、どうしようかと考え中です。
最近根気がなくなってきましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/050.png">
気楽に笑って読める本がいいかなhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/038.png">と思う昨今です。

No title

2016/12/16(金) 17:12:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
中野京子さんは、「怖い絵」シリーズで、有名だそうです。
未読です(^_^;)ヨーロッパの歴史は、人、文物、芸術と、変化に富んでますね。国境が接している分、いろんな事ありますね。

私は、ガラにもなく、「日本会議」の本三冊読了して(笑)19日の図書館開けを待っているところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する