映画・・「沈黙 サイレンス」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

映画・・「沈黙 サイレンス」

2017/01/30 17:39:04 | 映画 | コメント:9件

映画【沈黙 サイレンス】
 

 
2016年アメリカ製作
 
原題も「Silence」です
 
 
162分の長い映画でした
 
時は17世紀 江戸後期のお話です
 
キリシタン弾圧の中で師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本へ辿りつ着いた2人の宣教師
 
セバスチャンフランシス
 
日本へ行く手立てさえない時代にマカオで一人の日本人に出会い
 
一緒に舟で日本へ辿りつきます
 
その日本人はキチジロウ(窪塚洋介)で彼はキリシタンでした
 
日本の島に辿り着き、隠れて信仰を守る人達に会います
 
今の長崎でしょうか
 
探し当てた・・
 
師と仰いだ人は既に棄教(キリスト教徒である事を止める)していました
 
数々の弾圧に屈してしまったのです
 
既に日本女性と結婚し子まで成していました
 
 
酷い弾圧(目に余る拷問の数々)に耐えられず棄教したり、棄教しないで死んだりする信者が多く
 
フランシスは海に投げられた信者を救おうとして死にます
 
セバスチャンは棄教して、日本人となり亡くなりました

 
仏教に則って火葬にされますが、手の中に小さな十字架を握っていました
 
お棺に入ったセバスチャンに・・最後に会った妻が持たせたのでしょうか
 
 
殆どが・・
 
生きたまま海に投げる、火あぶりにする、逆さ釣りにする、十字架に掛けて死ぬまで海に曝す
 
などなど
 
拷問の場面でした
 
踏み絵の場面も多々出て来ました
 
こんな過酷な過程を得て、キリスト教が日本で広まって行ったのですね
 
日本人の俳優は・・浅野忠信、加瀬亮、片桐はいり、イッセー・尾形、小松奈々、塚木晋也
 
などなど
 
多数出演です
 
日本人もたどたどしく英語を話し、見ていて違和感のない映画でした
 
 
原作は遠藤周作さん
 
監督のスコセッシはこの映画を製作する為に28年の歳月を費やしたそうです
 
自身もクリスチャンだった遠藤さん
 
遠藤さんの意図は監督に伝わり、観客にも充分伝わったのではないでしょうか
 
 
BGMはありません
 
エンディング・ロールには波の音が聞こえました
 
終始静かに、静かに物語が進みます
 
辛く重たいテーマなので、観た後はどっと疲れを感じました
 
後方からため息さえ聞こえる映画館は満席でした
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2017/02/01(水) 18:50:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> あひるさん
ご覧になったのですねhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/045.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/045.png">
生きていても希望のない日々をキリスト教に救いや安らぎを見出した気持ちが分かりますよね。
こんな世の中になるまでに先人が多くの涙を流した事実があります。
今の世にも不満がいっぱいあると思いますが、今を生きられる事に感謝しなければバチが当たりますよね。
沢山の犠牲の元に日本の国は発展してきたのですから・・

No title

2017/02/01(水) 13:59:00 | URL | - #79D/WHSg
見ましたよ~🎵(* ̄∇ ̄)ノ
おもろかったのです

あの時代、獣のように百姓は生きているだけ
死んだ先の天国に思いを馳せていきていましたね

命も軽かったのですね
身分制度のある時代
それが正義で、社会がなりたっていたのですねぇ

No title

2017/02/01(水) 01:30:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> ペクチャンミさん
こんばんわ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/084.png"> 眠れずに起きていますhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/017.png">
サザンさまも遅くまで起きていらっしゃいますね。

観て来ました。
mission schoolの出身なのでイエスさまのお話を聞いて育ちましたが、日本でのキリシタン迫害の歴史は読んで知るだけでした。
映像で見るとリアルで酷くて、本当にあった事とは考えたくない気持ちになりました。
サザンさまはクリスチャンでいらっしゃるから、また違った見方が出来るかも知れませんが、勇気はいると思いますよ。

写真を見て頂き有難うございました。
もう一度行ってみたいシンガポールです。

No title

2017/02/01(水) 01:08:00 | URL | ペクチャンミ #79D/WHSg
bonbonさま、こんばんは。
「沈黙」ご覧になりましたか。私も見たいと願って居りましたが、映画館が遠いのと、
以前、シンガポール滞在中「パッション」を見てキリストが鞭打たれているシーンが残酷で顔を覆ってしまい...やはり勇気がいるようですね。https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/021.png">

シンガポールのお写真・・楽しませて頂きましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/058.png">

No title

2017/01/31(火) 19:13:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
>> tan*k*2020*1さん
追伸ですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/068.png">

たな子さまに頂いた「オタクサ」は机の前に飾っていますよhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/042.png">
↑の記事 気が付かれましたかhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/038.png">

No title

2017/01/31(火) 18:48:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> tan*k*2020*1さん
こんばんわ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/084.png">
私も大昔に読みましたが、映像で見るとその過酷さに身が震う思いでした。
沢山のエキストラを使って当時の日本を再現した映像は一見に値する価値がありますhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">
薄着で裸足で泥沼を転げ回ったエキストラの名前がエンディング・ロールに延々と流れます。
音楽もなくただ波が岩に当たる音だけが聞こえるエンディングも印象的でした。
遠藤周作氏は夙川カトリック教会で洗礼を受けた人なので、何かしら身近に思える人です。
是非ご覧になって感想を聞かせて下さい。

No title

2017/01/31(火) 18:08:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
bonbon様、こんばんは。。暖かい日でした。図書館、休館中との事、つまらないし、予約本が溜まりますね(笑)

映画「沈黙」のメイキング映像をNHKの特集で見ました。スコセッシ監督が、膨大な資料からその当時のを再現されてますね。スタッフも皆、たいへんだったと思います。 大昔に読んだ感動が蘇りました。 遠藤周作大先生は、生涯「信仰とは何か?」と問い続けていました。その内容に沿った超大作と思います。

昨年「クワトロ・ラガッツィ」を読んで、隠れキリシタンに興味があるので、是非、見たい作品です。

No title

2017/01/30(月) 22:59:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> あひるさん
観て来ましたhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">
日本においてキリシタンの迫害は長く続きましたが、この映画では長崎に焦点を絞って描かれています。

天草四郎のご親戚なのですねhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/017.png">
何だか凄いロマンを感じますhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">

私はmission schoolの出身ですが洗礼は受けませんでした。
聖書の時間がありました。
日本でキリスト教が定着するまでの歴史は習いましたが、ここまで過酷だったと知って驚きました。

17世紀から18世紀の日本の庶民の暮らしは貧しく慎ましかったのですね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/023.png">
悲しい程の悲惨な生活の中でキリスト教に救いを求めた気持ちが分かります。
是非ご覧になって感想を聞かせて下さいhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/068.png">

No title

2017/01/30(月) 22:37:00 | URL | - #79D/WHSg
うわぉ!
見たのですか?( ☆∀☆)

あひるも、久々にこれは見たいと思ったのですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/054.png">
ま、歴史マニアなので(笑)

あと、母方のご先祖様が天草四郎の弟なのです
母の代までカトリックでしたよ(笑)
(*^^*)

あひるはカトリックと違いますけど、生まれて初めて読んだ本は聖書物語でした
だ、もんで無闇にキリスト教には詳しいのです(* ̄ー ̄)ニヤリ

あ~、見たいな~(´Д`)


くわくわっ( ̄▽ ̄;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する