本のお話(7)・・「大原御幸」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
872位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
121位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(7)・・「大原御幸」

2017/03/20 11:57:07 | 本のお話 | コメント:4件

林真理子著
 
【大原御幸  帯に生きた家族の物語】
 

 
天才的染色図案家・若松華謡の74歳になった娘が記者に語る話が物語です
 
物語では若松華謡は松谷鏡水となっていますが登場人物は実名で出て来ます
 
娘の祥子とその夫・新垣の一人称で物語が進みます
 
夫の新垣は元阪神タイガースの土井垣さんです
 
 
京都弁での語りとなりますからお話がリアルですよ
 
戦前から戦中、戦後の着物や帯に対する社会の動きが良く分かりました
 
若松華謡は100種類の能楽衣装を発表したり
 
相撲行司に装束を贈りました
 
 
戦中は東条英機の私設秘書を務めた事もあった若松華謡でしたが
 
多くを語らなかったみたいですね
 
 
本妻さんの他に2号さんも3号さんもいて、子供まであった若松華謡でしたが
 
一人娘の祥子は特別な可愛がりようでした
 
最初の結婚に失敗し、出戻って、子供の頃から好きだった「踊り」をするため
 
使った莫大な費用や、若柳流、藤間流など舞踊界の重鎮の面々が実名で出て来ます
 
また
 
土井垣さんが祥子と出会って、どんな結婚生活だったかも赤裸々に書かれています
 
 
最後にこの物語はフィクションです
 
・・と書かれていますが
 
読み手はノン・フィクションだと感じてしまいますね
 
暇つぶしに読んだ本でしたが面白く一気に読みました
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2017/03/20(月) 18:31:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> tan*k*2020*1さん
こんばんわ~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/084.png">
夫が林真理子を借りて来て欲しい・・と云うので借りた本ですが、結局読みませんでしたから私が読みました。
「白蓮れんれん」などリサーチは良くしている作家だと思いますが、あのお顔がチラつくのは困りますねhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/050.png">
あと1冊 夫の代わりに読んでいます。
短編集です。

No title

2017/03/20(月) 16:51:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんにちは。。。良い本に出会えましたね。

きらりん様のコメント、いたく同感(笑)大雑把ん感じがするけど、意外と詳しく調べていますよね。(大雑把なのは私メ!(^^)!

色を、説明するのは難しいですね。bonbon様は、刺繍で色を良くわかっているから、想像豊かに広がったと思います。

No title

2017/03/20(月) 16:50:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> きらりんさん
まぁ~~私と同じですね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/017.png">
作家がメディアに出過ぎるのはNGだと思います。
折角空想の世界で遊んでいるのに、作家のお顔がチラつくのは興ざめですものね。

No title

2017/03/20(月) 13:11:00 | URL | きらりん #79D/WHSg
林真理子さん
彼女の本を読むとあの大きな顔が浮かんで現実に戻るのイヤです(笑)
作家はメディアに出ない方がいいかな?⁉と思いますね。
でも小説は面白いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する