本のお話(14)・・朝井まかて著「最悪の将軍」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(14)・・朝井まかて著「最悪の将軍」

2017/04/22 13:27:39 | 本のお話 | コメント:4件

朝井まかて著
 
【最悪の将軍】
 

 
徳川家・第5代将軍・綱吉
 
犬公方と云われ「生類憐れの令」を発布して、どんでもない悪政をしたと・・
 
語り伝えられる徳川の将軍だが・・
 
この物語は
 
実は人間は云うに及ばずあらゆる生物を愛した将軍のもう一つの顔を克明に描いた物語です
 
将軍家は代々 父から息子へ、その息子へ
 
・・と「縦」に継がれるが、後継ぎがいなくて、綱吉は兄・家綱から「横」へ継いだ将軍だった
 
家綱の子が成人するまでの暫定的な役割と心得て将軍になった綱吉だったが
 
63歳で麻疹で逝去するまで29年間も将軍だった
 
妻・信子は京の鷹司家から嫁いで来たが子を成さず
 
側室の伝との間に女の子、男の子が出来るが男の子は幼くして亡くなる
 
妻・信子とは生涯仲睦まじく暮らしたが、遂に男の子には恵まれず
 
第6代将軍は家綱の子・家宣となった
 
家宣は家綱と下女の間に出来た子で、里子に出されていたが、後に嫡男となった
 
 
綱吉は戦いではなく文治政治を貫き
 
農民、商人も等しく豊かな生活が出来る様に
 
武家の華美を排し、動物をむやみに殺生するのも禁じた
 
 
綱吉の時代は
 
大地震や富士山の噴火、大火事が発生した時代であり
 
あの赤穂浪士の事件もあった
 
 
この小説は
 
孤高かつ劇的に生きた綱吉の生涯が肯定的に語られた物語です
 
兄・家綱の最後の言葉
 
「強き将軍になりて天下を束ねよ 泰平の世を」
 
綱吉が覚悟を決めて治めた世であったが
 
後の世の評価の低さを、筆者は、救って余りある小説にしたと思います
 
 
綱吉を引き立て、互いに学問を愛し、綱吉を支えた妻・信子
 
京から嫁いで来た時は信子14歳、綱吉19歳の若い夫婦でした
 
理想の夫婦の有り様を垣間見た小説でもありました
 
「我に邪(よこしま)無し」と云って世を去った綱吉
 
彼は最悪の将軍では無かった・・筆者と同じく私もそう思う
 
 
寝ずに読んでしまった長い長い物語
 
朝井まかてさんの力量の確かさを再認識しました
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2017/04/22(土) 19:33:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> きらりんさん
面白かったですよhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">
徳川幕府弟15代将軍・慶喜の時に大政奉還で江戸幕府(徳川幕府)が崩壊しました。その後も徳川家は続いていますが、時代は明治(1868年)になりました。
徳川幕府(江戸時代)は265年間続きました。

No title

2017/04/22(土) 19:10:00 | URL | きらりん #79D/WHSg
寝ずに読む程面白い小説だったのですね🎵
徳川家については歴史で習った事しか知りません。
でも殆ど忘れました‼何代まで続いたのですか?

No title

2017/04/22(土) 17:12:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> tan*k*2020*1さん
こんにちはhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/078.png">
綱吉の29年間は天変地異があった大変な時代でしたね。
よくぞ難しい世を治めたものだと感心しました。
将軍は寝食を忘れる程の激務なんですね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/017.png">
生きているものはその役割を最大限に果たせ・・というのが彼の意図だったと思います。

No title

2017/04/22(土) 15:57:00 | URL | くろまめ日記 #79D/WHSg
こんにちは。。。読み応えのある作品でしたね。
綱吉の時は、いろいろとあって・・富士山噴火、大火、赤穂浪士事件・・結構大変な時代だったんだなと、思いました。
武から、文への政治と変わっていく様子もあって、綱吉を見直しました(笑)
すべての生き物に、憐みを・・難しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する