本のお話(15)・・林芙美子著「晩菊」 | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(15)・・林芙美子著「晩菊」

2017/04/27 08:36:35 | 本のお話 | コメント:2件

夫が借りていた本です
 
林芙美子を50年ぶりで読みました
 
林芙美子著
 
【晩菊】
 

 
①晩菊
 
②水仙
 
3白鷺
 
④松葉牡丹
 
⑤牛肉
 
⑥骨
 
 
元赤坂の芸者で年老いた「きん」の前に突然現れた昔の男
 
心揺れ幻滅する心理を描く「晩菊」は女流文学賞を受賞した作品です
 
この6編は名作「浮雲」連載に至る円熟の筆致をみせた晩年期の作品です
 
 
行商の娘に生まれ
 
時代の激動を生きた作家・林芙美子
 
47歳で逝去するまでの短い間に実に多くの作品を残しました
 
 
この短編集を読んで気付いた事は
 
「ん」と書く所を「ン」とカタカナで書いている
 
例えば・・
 
なところだね・・そなところだね
 
探してるだい・・探してるだい
 
どんなつもりなだよ・・どんなつもりなだよ
 
最近の小説では見ない手法ですね
 
 
久しぶりに林芙美子を読んで、あぁ~~小説を読んだ
 
・・と満足感でいっぱいになりました
 
また
 
林芙美子が読みたくなりました
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

No title

2017/04/27(木) 12:53:00 | URL | bonbon #79D/WHSg
> きらりんさん

そうですね~~短編から読んで小説の面白さを知るのがいいと思いますhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">
お気に入りの人を見付けて、その人を重点的の読むのも面白いですよ。
是非本を読んで欲しいですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/036.png">

No title

2017/04/27(木) 12:21:00 | URL | きらりん #79D/WHSg
林芙美子
日本を代表する女流作家ですね🎵
読んだ事はないですが知っています🎵
短編集から読んでみたいです🎵

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する