本のお話(31) 山下澄人著「しんせかい」  | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1082位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
144位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

本のお話(31) 山下澄人著「しんせかい」 

2017/08/27 07:37:23 | 本のお話 | コメント:0件

山下澄人著
 
【しんせかい】
 

 
昨年の芥川賞を受賞した作品です
 
半年待って、やっと順番が来て読みました
 
 
山下澄人氏は1966年生まれの51歳
 
「FICTION」という劇団の演出家であり、劇作家であり、俳優です
 
倉本聡の主宰する「富良野塾」の第二期生でした
 
この表紙の字は倉本聡さんが書いたそうですよ
 
 
澄人(スミト)が富良野塾の二期生として暮した間の出来事が主題です
 
富良野塾って??の疑問が解けました
 
平仮名の多い文体で、小学生の作文の様な感じだな・・と云うのが感想です
 
「これまで聴いたことのない美しい音楽を聴いている様な小説」
 
・・と書評にありましたが、読んだ事のない様な小説でした
 
2012年「緑のさる」で野間文芸新人賞も受賞しています
 
全く知りませんでしたが、他にも著書がありますよ
 
うぅ~~ん
 
お勧めかどうかは微妙です(笑)
 
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する