トルコの旅・・・⑪ | bonbonの日常と非日常
FC2ブログ
日常の暮らし、旅行など非日常を綴ります

まりあまり

Author:まりあまり
FC2ブログへようこそ!
Yahoo blog の終了に伴い引っ越して参りました
ブログ生活は13年を超えました
文章を書く事、読む事が好きで、旅行記、本の感想、伝統芸能(文楽、歌舞伎、落語)など
日々の暮らしと共に綴っています
よろしくお願い致します

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
日記
1572位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
203位
サブジャンルランキングを見る>>
日々の暮らしなどの日常と歌舞伎、文楽、落語、旅行などの非日常を綴っています

トルコの旅・・・⑪

2007/12/22 13:08:54 | 旅のお話 | コメント:0件

  
   やっと内陸に入って首都アンカラを目指します

   毎日毎日5時間~6時間のバスでの移動

   もう 頭がクラクラ 喉はカラカラ 目はショボショボ(笑)
  
   神経だけはピリッとしてた様な・・・不思議な7日目となりました 

   この日も 雨は降ったり止んだり

   
   今も

   トルコの人たちが愛してやまない建国の父

   ムスタファケマル・アタツュリク(アタチュルク)

   偉大なトルコ人・・・・という意味だそうです

   トルコに行って気づいた事

   公共の場はもちろんの事アパートや個人の家にも

   国旗と彼の肖像が飾られています

   議会で大切な物事を決定する時 こんな時は彼ならどうするか・・・・

   ・・・・・と考えるそうです

   それほど彼は尊敬され愛される人物

   いいなぁ~  日本でこんな人がいるかしら?

   チョット羨ましくなったアタチュルク霊廟の見学です


彼の愛用品や各国から贈られた品物や写真が展示されています
高松の宮さまの写真もありました




広い広い敷地でこんな回廊でつながっています


門兵の交代時間で行進する兵隊さん かっこいい若者たちでした
街中の兵隊さんの写真は撮影禁止ですがここでは観光用なのでOKです
徴兵制度で兵役期間は1年2ヶ月とか
短いですね~・・・・と云ってガイドさんにムッとされました
若い彼らにとっては長い1年2ヶ月なんでしょう・・・・・



霊廟の庭からアンカラの街を見る





昼食はアンカラ駅の構内のレストランで頂きました

駅のホームと駅舎です




駅舎内で見た靴磨きのおじざん


駅の売店(キオスク)のおじさん
右下にある丸いパンを買って食べました 
胡麻の付いた香ばしいパンで40円くらいだったかな?




    昼食の後は

    サフランボルの村へ移動しました

    私が楽しみにしていた世界遺産の村です
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する